四日市
 一日目は名鉄線を堪能して、知多半島から三河まで出てきた。西尾付近の広々とした農地と町。西浦や幡豆(はず)といった蒲郡線の沿線では海が見える。真っ赤なボディの名鉄電車は、畑にも海にも映える電車である。
 一泊めの宿は三重県四日市市にした。この日、昼間に名古屋市営地下鉄に乗る際にICカード「manaca」を買ったが、四日市までの移動で使う近鉄電車では、関西圏のICカード「ICOCA」を財布から出してチャージした。二日目以降はこのカードが活躍する予定だ。
 三重県という所は一応は東海地方なのだが、文化的には関西だなと、いつも感じる。大阪方面のぎりぎり通勤圏となる名張市がある伊賀地方は特にそう感じるが、桑名や四日市のあたりも、名古屋圏でありながら、どこか関西の空気のする町に思えるのだ。単に走っている電車が近鉄だからか。或いは平行して走るJRの電車が「関西本線」という名前だからか。ただし、関西本線も名古屋~亀山はJR東海の管轄である。
 青春18きっぷを洩っている私が、名古屋から四日市への移動にJRを使わず、600円ちょっと払って近鉄に乗っているのは、圧倒的な本数の多さもさることながら、駅の場所が全然違うからである。四日市は三重県では一番人口の多い町だが、栄えているのは近鉄四日市駅のほうなのである。泊まるホテルも近鉄駅の西口にある。
 私は慌てて家を出てきたので、ベルトをしないで出発した。少しウェストに余裕のある服だったので、結局ベルトが欲しくなり、急場しのぎで店に入る。近鉄四日市駅は駅ビルもあるような駅なので、買い物は便利だ。八時少し前に着いたので無事買うことが出来た。
 さて、夕食である。普段外食で肉系の料理を自らセレクトして食べることは少ないけれど、朝は駅の店で買った「おむすび」。も昼は駅のコンビニで買ったパンと、旅っぽくない食事事情だったので空腹を覚え、四日市名物トンテキを食べた。シングル(200g)は、写真ではボリュームを感じたが、空腹ゆえに問題なく平らげた。トンテキは濃厚なソースのポークソテーという感じの料理で、なかなかスタミナメニューなのである。
 翌朝、JRに乗る必要性から関西本線の四日市駅まで歩いてみることにした。高架駅である近鉄四日市駅は通勤通学ラッシュ(平日だったのだ)が始まる時間でにぎわっていた。バス乗り場は沿岸部の工業地帯に向かう人で列が出来ている。都会感あふれる駅前である。
 しかし、近鉄の駅から1km以上歩き、JRの駅前にやってくると、そこは広いロータリーに、閑散とした駅舎が待っていた。空も心なしか雲が厚くなってきたように思える。
 それでも、列車が到着すると、それなりに人が降りてきた。利便性では近鉄駅だが、旅のムードではJR駅。そんな四日市なのであった。
私が食べたトンテキの店
(FUJIFILM X100)
スポンサーサイト
2017.03.30 Thu l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
内海
 三月下旬、青春18きっぷを使って東海道を往復鈍行で辿りながら、中京地区と近畿を回るという貧乏旅をした。鈍行往復といっても、行きは夜行快速ムーンライトながら号である。
 一日目は名古屋から名鉄の1DAYフリーきっぷという3100円の名鉄全線乗り放題きっぷを使用して、まだ乗ったことのない名鉄の支線を旅した。
 犬山城、中部国際空港(このフリーきっぷは10~16時に限り特急の指定席にも乗れるので空港特急に乗ってみた)に行き、古きもの、最新のものと、建築の妙を体感したあと、知多半島の南端にある内海にやってきた。
 内海駅はゆるやかな丘陵に面した海の町で、その眺めは三浦半島の三戸や諸磯あたりと雰囲気が近い気がした。リゾート地ではあるが、駅周辺で見かけたのは、大学生たちと、お年寄りと、猫である。店もあまりなく静かで、のどかな終着駅。
(FUJIFILM X100)
2017.03.29 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本牧原
 本牧の商業地帯に来た。以前はマイカル本牧のあったあたりである。店内はお年寄りが多いが、子供連れのお母さんの姿もちらほら見かける。本牧の新興住宅地も世代交代が行われているという事だろうか。
 店内を少し歩き暖をとる。外は天気はいいけれど寒い。暖房が結構効いていてありがたい。バルコニーに出てみると、壁にサッカーJ3リーグに所属するYSCC横浜の巨大ポスターが掲示されていた。
 YSCC横浜は本牧で活動する総合スポーツクラブで、サッカーのみならず、いろんなスポーツを楽しめるクラブを運営し、カルチャー教室の運営も行なっている。そういう活動はJリーグが掲げる活動理念に一致するもので、その活動を評価されて、J3が創設される時にJリーグ側から「J3でやってみないか」と声を掛けられたそうである。
 ※ J3初年度は、その下に位置するJFLと、更にその下に位置する全国の地域リーグから参加チームを募ってセレクトした。現在はJFLからの昇格をもって参戦できる仕組みになっている。

 たとえばマリノスのような大規模な経営と人気を誇るクラブもある一方で、規模は小さいが地域に根差して活動しているクラブもある。同じ横浜で、規模の小さい両者が共存できるのがサッカーの良いところである。願わくば、いつの日か、本牧にYSCCの試合が出来るサッカー場が建設されたらいいなと思う。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 STANDARD PRIME)※135判換算 47mm F1.9
2017.03.18 Sat l 横浜港周辺 l コメント (2) トラックバック (0) l top
本牧
 本牧に向かう通りに出た。この道よりひとつ海寄りの国道16号線に比べると、歩道が商店街になっていたりして庶民的な雰囲気がある。個人商店からスーパーまで、いろんな店が並んでいる。
 そんな中にライブハウスもあった。町中にこういう店もあるのが横浜らしさ溢れるところである。大人の空間という言葉が浮かんだ。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 STANDARD PRIME)※135判換算 47mm F1.9
2017.03.17 Fri l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
山手駅前
 久しぶりに根岸線の山手駅にやってきた。駅は谷あいにあり、前後がトンネルになっている。西側は傾斜があり、東に向かう道は海の方に向かう緩い下り道である。
 駅前に出て周辺を眺めていると高架の上を石油タンク車を連ねたか貨物列車が走っていった。山手の高級住宅街はトンネルの上の高台に広がっている。そのトンネルに向かって貨物列車が走っていくのは、なかなかシュールな光景。
 高架をくぐり、東に向かい歩いていくと商店街になっている。この辺りは庶民的な街で銭湯もあったりするが、やはり場所柄かカフェが多いように思えた。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 STANDARD PRIME)※135判換算 47mm F1.9
2017.03.15 Wed l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
扇町
 扇町駅は鶴見線の本線の終点である。ホームは一面一線。鶴見線は鶴見駅以外は基本的に無人駅であり、この扇町駅は周囲は工場や倉庫ばかりの工場地帯の駅である。
 扇町駅には猫が数匹いる。降りた時は見当たらなかったが、やがて現れた。何度か訪問しているうちに、猫の恰好も覚えてしまったので、ああ今日もこの猫は元気だなとか思いながら撮る。
 都会の中のローカル線の無人駅の猫。いいものである。末永く元気に暮らしてほしく思う。
(RICOH GR)
2017.03.13 Mon l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top
浅野
 海芝浦駅から鶴見行きで引き返し、鶴見線の本線と芝浦支線の分岐駅である浅野駅で降りた。ここで扇町行きに乗り換える。
 浅野駅のホームは三面四線。本線は嶋式ホームに鶴見方面と扇町方面の線路があり、芝浦支線は対抗式ホームで、海芝浦方面と鶴見方面が、それぞれ一面ずつある。海芝浦方面のホームは上から見ると台形型をしており、底辺部にあたる位置に駅舎と改札口がある。
 その台形部に猫が数匹いる。会うのを楽しみにしていたが、降りてみるとホームは工事中で、猫の姿は居なかった。台形ゆえに、底辺部にあたる駅舎の手前はスペースは広く、花壇になっていたが、そこを工事しているのだ。何を作っているのかはわからなかった。
 駅舎は海芝浦方面ホームと繋がっているので、本線ホームへは構内踏切を渡っていく。踏切の部分から線路を撮る。鶴見線は貨物列車の本数がそれなりにあるからか、貨物用の線路が何本もある。
(RICOH GR)
2017.03.12 Sun l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top
海芝浦
 休日の日中は二時間に一本くらいしか来ない海芝浦行きに乗って海芝浦にやってきた。
 最近はだいぶ有名になり、ちょっとした観光地みたいになった海芝浦駅。ホームのすぐ後ろが海である。思ったより乗客は乗っていて、20人くらい居るだろうか。
 この駅は駅の外が東芝の敷地なので、関係者以外は改札口の外には出られない。土曜日の夕方なので、駅は鉄道ファンと観光客しか居ない。
 空は青く、海も青い。15分ほどで折り返しだが、その短い間、潮風と戯れながら、「海に近い駅」を堪能する。
(RICOH GR)
2017.03.10 Fri l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top
国道
 CP+2017を見に行った帰り、友人を連れて鶴見線を案内した。まず目指すは国道駅である。
 国道駅は、このブログでも何度も登場しているし、新しいカメラを買うと鶴見線で試し撮りする機会が多いが、GRを持ってやってきたのは今回が初めてである。
 15時ちょうど鶴見発の浜川崎行きに乗り込み、一駅めが国道。20分後の次の電車が海芝浦行きなので、滞在時間は20分という事で撮影を開始した。
 昭和初期の雰囲気が今も残るガード下。現役の居酒屋。空襲の時の機銃痕。駅名の元になっている、すぐ横を通る第一京浜国道の賑わいとは別世界なディープな横浜がそこにある。
(RICOH GR)
2017.03.08 Wed l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top
綱島
 新横浜駅から歩き始めた。横浜アリーナの周辺はイケメン写真の付いたうちわを持った女の子が大勢いる。コンサートがあるようだ。空は青空。大倉山のあたりまでは30分くらいで着く。
 大倉山駅のガードをくぐって、東横線に沿って歩く。駅前は東横線沿線らしく洒落たデザインのカフェもあったりするが、少し離れると昔ながらのこじんまりとした居酒屋もあったりする。港北区とあってか、マリノスのポスターをあちこちで見かける。
 綱島街道に出て北に向かっていると、やがて鶴見川が現れる。川の向こうは開けた感じがしているが、綱島駅前である。急行停車駅らしい栄えた雰囲気がある。橋の上から東横線を撮ってみようと思い立つ。何枚か撮ってみたが、結局は電車が写っていないのを選んだ。鉄橋の向こうの丘の木々が写っていた方が夕方の土手の景色が映えるような気がしたからである。
(RICOH GR)
2017.03.05 Sun l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top
林
 散歩のスタート地点であった芦名バス停以来の国道に戻ってきた。ここからは更に先に、南の方角に向かう。長坂、太田和、といった集落を過ぎ、横須賀市民病院を過ぎ、林のロータリーに着いた。
 林は今歩いている国道、つまり逗子方面と三崎方面の道に、横須賀・衣笠方面からの道が合流する交差点があり、そこがロータリーになっている。交差点の海側は陸上自衛隊武山駐屯地で、周辺には飲食店が少しあるが、車の交通量の多さとは裏腹に店は少ない。まあ、他地域と比べて、チェーン系ロードサイド店が少なめなのが三浦半島の風景の魅力だと思っている。
 曇り空になって気温が下がってきたので、そろそろバスで帰ろうかと考えているけれど、少しだけ林の集落を歩いてみたい。前回ここを訪れた時にも訪問した平楽横丁に行った。
 平楽横丁は50mもない長さの路地で、そこにスナックや居酒屋が並んでいる。周辺の建物と合わせ、その風情はまさに昭和レトロなものである。じっくり写真を撮ろうと思っていたが、電線か何かの工事が行われており、それは断念する。
 路地の突き当たりを曲がると、駐車スペースに猫が佇んでいた。前に建つ建物は、かつては旅館だったのではないか?と思わせる造りだが、猫たちの視線はその先、衣笠方面の道に面したトタン造りの居酒屋の方に向いている。
 この居酒屋も、林をスナップする上での名所と勝手に思っている建物で、猫と一緒に撮ってみたい。頑張って何枚か撮ってみる。猫は人間が指定しても立ち位置を変えてはくれないので、なかなか苦心したが、どうにか猫と居酒屋を一緒に撮ってみた。
 猫と居酒屋を撮ったあと、道路側から居酒屋を撮ってバス停に向かう。逗子に戻るのではなく、行きと違うルートにしてみようと衣笠方面の横須賀駅行きに乗った。バスは想像していたより混んでおり、どうにか座れたが、武山、大矢部、衣笠十字路、佐野といった家の多い地域で人をどんどん拾い、やがて低い山の裾から上町の坂を下って横須賀中央駅に至った。名残り惜しくも、今回の散歩はここまでである。
(RICOH GR)
2017.03.04 Sat l 横須賀西部(相模湾側) l コメント (2) トラックバック (0) l top
佐島の丘
 佐島港の先となる交差点で丘に上がっていく。交差点には「湘南佐島なぎさの丘」という石碑が立っている。道はすぐ上りとなり、公園が現れた。
 丘を一旦登りきったところから分譲住宅が次々と現れる。この辺りからなら相模湾がよく見えるだろうから、他の区画に立っている家よりも高いのかな?なんて思ってみる。
 すぐにまた上りになる。坂は何段階かに連なって形成されており、要するに丘を削って宅地開発しているので、所々斜面を削り平地にしているわけである。先ほど入った天神島ビジターセンターに昔から現在までの佐島周辺の航空写真が掲示されていたが、この丘は元々農地だったようだ。
 結構家は建っているが、まだまだ開発中らしく、整地して家を建てる準備中といった区画も結構多い。公共交通の便がいいとは言い難い(麓まで下りれば国道を路線バスが結構な本数で走っているが)エリアだが、通勤時間とかをそれほど考慮しない暮らしが可能な人向けには良い環境なのかもしれない。
 歩いていても特に面白いものがあるわけでもないので、学校の脇を通って、海岸線よりずっと内陸寄りを往く国道側に下りていく。この道は海岸線側からのアプローチとは違い、急な階段であった。もちろん車道は別にあるのだろう。空はだいぶ曇ってきた。
(RICOH GR)
2017.03.03 Fri l 横須賀西部(相模湾側) l コメント (0) トラックバック (0) l top
佐島
 佐島港の横を通って南東の方角に行く、道路は佐島一丁目のあたりから海岸線を離れて国道の方に向かって北東に延びている。道路から逸れた南東の方には小さな集落が海岸線に広がっている。私は佐島に何回も来ているが、この辺りを歩いた事がなかったので、佐島一丁目の集落に入っていった。
 海岸線には砂浜が広がり、漁業施設も小規模ながらもある。道はやがて砂浜の脇を行くものとなるが、私有地に突き当たったので引き返す。もっとも、この先には電力関連の研究施設があるので、ずっと海沿いには歩けないようになっている。
 私は海岸線から離れて内陸部を歩きながら引き返した。大きな老人ホームを建設している工事現場がある。水産会社の工場の工事現場もある。土埃が立ち込めてきそうな中を歩きながら、佐島港からの道と再び合流した。ここからは真っ直ぐに国道方面には向かわず、背景にある丘を登ってみよう。
(RICOH GR)
2017.03.01 Wed l 横須賀西部(相模湾側) l コメント (0) トラックバック (0) l top