海南神社
 三崎の町の中心部に近付き、海南神社にやってきた。ここに来るのは久し振りだ。以前、訪れたときは確か七五三の時期だったと思う。少し緊張した面持ちの子供たちが晴れがましく歩いている。そんな時期だったような気がする。
 久し振りなので、ゆっくりとまわる。三浦半島の神社はいいなと改めて思う。海南神社は三浦七福神に数えられている神社である。
(FUJI FILM X100)
スポンサーサイト
2016.06.30 Thu l 三浦 l コメント (2) トラックバック (0) l top
三崎
 ゆるやかな丘の上に市役所があり、その横には三崎中学校がある。この学校はすでに廃坑になっているが、校舎などの施設はそのまま残されており、地元の人たちに公民館のような使い方で利用されている。校庭に入り、校舎に近づいてみると、人が談笑する声が聞こえてくる。
 この学校跡は、こうして今も生きた建物になっていることで朽ちることなくそびえる事が出来たわけだ。音楽イベントが行われたり、映画などのロケにも使われたりしているようである。
 学校の前は駐車場のような空き地が広がる。そこの近くに三崎城に関する説明板があった。城跡を感じさせる遺構はほtんど残っていないような三崎城だが、こうして説明板があるだけでも嬉しい。欲を言えば、この空き地を利用して三崎の町の歴史資料館でも建っていたら尚嬉しいところである。
(FUJI FILM X100)

※三崎城についてはこちらに詳しい。
2016.06.29 Wed l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三崎
 北條遊郭の面影を探す散歩を終えたあと、再び北条湾に出て、内陸に入っていく。三崎の町は海の近くまで丘陵となっていて、道も坂になっている。坂を上がっていくと、やがて三崎小学校が現れる。このあたりはお寺も並び、三崎城の土塁(土で作った大きな塀のこと。戦国時代の関東の城は石垣を用いた城は少なく、多くは土塁を用いている)がわずかに残る。そして、お寺の脇からは北条湾と城ヶ島がよく見える。
 三崎の町の魅力はマグロに代表される海の幸の他に、町並みのレトロさにある。こうして丘の上から眺めていても、いい眺めの町だなと思う。映画やドラマのロケに使われることが多いという話も納得なのである。
(FUJI FILM X100)
2016.06.28 Tue l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三崎
 北條遊郭があった付近を歩いていると、北条湾に流れていく小川がいい風情を演出していると気付く。この川は狭塚川という川で、小川ゆえにそれほど長い川ではないけれど、家と家の間を静かに流れている。
 川の先に大きな高架が見えた。城ヶ島大橋である。下から見上げると、とても高い橋である。
(FUJI FILM X100)
2016.06.27 Mon l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三崎
 北条湾から狭塚川に沿って入っていくと、細い道がある。そこにスナックの跡みたいな建物が並んでいる。昔、このあたりには「北條遊郭」あるいは「北条花街」と呼ばれる遊里があった。正確にはどのあたりか資料が足りないまま来たのだが、この道の雰囲気はただものではない。
 字は取れてしまっているものの、「ちとせ」という屋号が判別できる建物もあり、全体的な朽ちはてぶりがレトロな道なのだが、それほど長い道ではなく、すぐに県道に出る。諏訪新橋という橋のすぐ近くに、この付近のこと、つまり遊郭についての説明板があった。この説明板がある辺りが遊郭のあった場所らしい。
 僅かながら往時の雰囲気を残す建物もあるが、すでに周辺は駐車場や空き地になっている。つまり、今この建物がない部分に何軒も建物があったのだろう。そんな気がしてしまうほど、空き地が目立つ場所である。
(FUJI FILM X100)
2016.06.26 Sun l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三崎
 京急線の終点である三崎口駅にやってきた。ここから城ヶ島行きのバスに乗り、三崎の町に入る。三崎港から町を抜けると、三崎港の所とは別のもう一つの湾である北条湾に出る。細く入り組んだ湾なので、奥まで来ると90度カーブみたいな感じで曲がっていく。その場所に北条バス停がある。そこで降りた。湾の向こうに城ヶ島がよく見える。
 この湾がなぜ北条湾と呼ばれているのか、以前は知らなかったのだけれど、実は戦国時代にここに三崎城の配下の北条水軍の船留りがあったのだ。今回は、三崎城の面影を探る散歩である。
(FUJI FILM X100)
2016.06.24 Fri l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
石垣山
 もう一度、石垣山城を見て回った。先ほど見ていなかった井戸曲輪にも行く。ここは巨大な穴が開いており、文字通りかつて井戸だった場所だったという。それだけ巨大な井戸を作ったわけだから、石垣山城は結構な規模の城で、八十日ほどで造ったことで一夜城という名で呼ばれているそのイメージより、ずっと立派な城だったのではないかと思った。
 帰りは歩いて帰る。早川駅まで徒歩40分ほどである。のどかな農道を行くが、城址の前の店に向かう車が度々通っていく。道の途中には小田原の役に関係する豊臣方の人々に関する人物紹介の案内板も立っていて、我々のような歴史好きをおもてなししてくれているのが嬉しい。
 道の途中から景色が開けてきた。小田原の町や箱根の外輪山が展望できる。そんな景色を楽しんでいるうちに早川駅に着いた我々は、電車で一駅隣の小田原駅に戻り、駅前の居酒屋で伊豆の伊東で揚がったという魚を食べながら酒を楽しんだのであった。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.22 Wed l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
石垣山城
 入口に近くには石垣が派手に崩れたままの道がある。そこを下りて入口に戻った。こうして下から見ると野趣に富んだ風景である。
 ぐるっと城内を回って入口に戻ってきたわけだが。同行の友人は入口の向かいに近年造られた某有名レストランに寄ってテイクアウトのソフトクリームが食べたいという。私はもう少し城を見ていたいので、ここからは少しの時間別行動タイムとして、一人でもう一周してみることにした。
 その店、結構にぎわっている。駐車場には車が何台も停まっている。私も甘いものは大好物だが、せっかく戦国時代の面影の残る場所なのだから、この場所に何か建てるなら、せめて和食レストランであってほしかったと思わずにはいられないのである。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.19 Sun l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
石垣山城
 サッカーが出来そうなくらい広い芝生が広がる二の丸には、車でやってきたのだろう、犬を連れて散歩している人が居た。周辺は櫓のあった場所などもあり、城址を訪れる際に必要な妄想力が広がっていく。
 天守台跡があった。それほど広い空間ではないが。ここに天守があったのだ。石垣山城は豊臣秀吉の意向で豪華絢爛な建物を築いていたそうだから、ここに高価な品が集められていたのだろう。
 妄想力を駆使して、四百年以上前の風景を想像する。今、自分が立っている場所に、四百年以上前、確かに太閤様が立っていたのだ。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.18 Sat l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
石垣山城
 石垣山城から小田原の町を一望できる場所に来た。秀吉に率いられてやってきた各武将はここから小田原の町と小田原城を眺めたことだろう。
 小田原は東国一の大都市であり、日本一の城郭都市だったので、その規模には驚いたことだろう。何しろ、秀吉は北条家を討伐するために、二十万人を超える軍勢で関東にやってきて小田原を取り囲んだのだ。陸地だけでなく、海も瀬戸内海や四国や紀伊半島の水軍を動員して、伊豆を攻めたあと、この小田原にやってきて制圧していたので、四方を囲まれたわけである。
 地図で見ると石垣山から小田原城は数キロあるのだが、こうして現地に来ると、とても近くに感じる。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.16 Thu l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
石垣山城
 階段を少し登ると、すぐに本丸に向かって道がなだらかに延びていく感じになる。道なりに石垣が残っている。関東大震災でかなり崩れてしまったらいいが、それまでは往時の雰囲気そのままに残っていたそうである。
 石垣に近付いて触ってみた。四百年前の石垣である。時空を超えて今も戦国時代の空気は現代に漂っている。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.15 Wed l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
石垣山城
 戦国時代の小田原城の遺構の探訪に後ろ髪をひかれつつ、城公園の前からタクシーに乗る。駐車場の管理人さんも「ここから歩きだと山だから二時間コースだけど、タクシーなら10分ちょっとだよ」という石垣山一夜城に行く。
 東海道線の早川駅の脇から急な山道を上がっていき、やがて入口に到着。タクシー代1450円なり。
 石垣山一夜城は、豊臣秀吉による北条家討伐の際に、小田原城からよく見える場所に城を建てて威嚇してやろうと造られた城である。先ほどの小田原城の天守からもよく見える位置にあったこの山は、元々は「笠懸山」と呼ばれていて、北条家の砦も築かれてあったそうだ。小田原の周りには警備目的でいくつもの砦が築かれてあったので、そのひとつだったのだろう。
 そこに秀吉が財力と権力を発揮して三ヶ月足らずで城を造ったのだ。当時は関東で石垣を用いて造られていた城は少なかったが、西国では石垣は珍しくなかった。そこで、畿内より穴太衆という石垣造りのスペシャリストを連れてきて、箱根外輪山の石を運んで石垣を造ったのだそうである。ちなみに、穴太は「あのう」と読む。
 その四百年以上前の石垣が崩れながらも残っているという、素晴らしき城址なのである。テンションを高めながら、入口に入っていく。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.14 Tue l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小田原城
 天守の上にやってきた。ここからは箱根の山々も、相模湾の海も、伊豆半島も、三浦半島も、とにかく北条家の領地がよく見える。戦国時代、つまり北条家の時代には天守というものはないけれど、物見櫓はあったので、物見の人はこういう広い風景に接していたのだろう。いや、今よりも建物がない時代だから、もっと大パノラマだったに違いない。
 一周してひととおりの風景を眺めていると、駅の方角の下にある巨大な空き地が目立つのだ。ここは北条家時代の曲輪があったという事で、それまで建っていた野球場を壊して現在発掘調査中である。
 小田原城という城は戦国時代はとにかく巨大だった。日本最大の城郭都市であり、総延長9kmにも及ぶ「総構え」という囲いで町を囲み、町そのものが城であったのだ。天正十八年(1590)の豊臣秀吉による小田原攻めの際には、城内で自給自足できるくらいの設備だったと言われる。
 そんな戦国時代の小田綿城の面影を求めるなら、公園内よりも町を歩くほうがよく、あちこちに興味深い遺構が残っているのだが、それは次回の訪問のときのお楽しみにすることにする。天守を下り、歴史見聞館で展示物を見て、小田原城公園を出て、ういろう本店に寄ったりしたあと、タクシー乗り場に向かう。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.12 Sun l 小田原 l コメント (2) トラックバック (0) l top
小田原城
 今まで小田原城公園には何度も来ているけれど、天守に登るのは初めてだ。日本には江戸時代から続く天守、いわゆる現存天守は12城しかなく、関東地方には存在しない。つまり小田原城の天守は大久保家や稲葉家の城主時代のものではなく、福元天主である。ただし、基本は木造で復元されているのでいい感じな天守になっている。
 ※現存12天守  弘前城(青森県) 松本城(長野県) 丸岡城(福井県) 犬山城(愛知県) 彦根城(滋賀県) 姫路城(兵庫県) 松江城(島根県) 備中松山城(岡山県) 丸亀城(香川県) 伊予松山城(愛媛県) 宇和島城(愛媛県) 高知城(高知県)
 天守の中に入るには500円かかるが、プラス150円で公園内にある歴史見聞館にも入れるというので650円の入場券を買う。
 江戸時代(大久保家、稲葉家)の小田原城についての文化と歴史。戦国時代の北条家の歴史についてを、各階ごとにテーマ別に展示されている。特に戦国時代の小田原は関東最大の町であったこと、北条家が関東の覇者であったことを、様々な展示物で紹介しているのは、そのあたりの歴史事情を知らない人にとって小田原の印象を変えるに充分なものであった。
 こうして展示をぐるぐる回りながら最上階に上がったのである。
小田原市HP 小田原城の歴史
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.11 Sat l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小田原城
 小田原城の天守閣が改装工事をやってたのだけれど、この春ついに完了した。戦国時代と江戸時代の小田原城について結構くわしく、見やすく解説された展示物がなかなかいいらしいので、さっそく行ってみることにした。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2016.06.09 Thu l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久里浜
 久里浜海岸で黄昏の海を眺めているうちに、だんだん日が沈んできた。私は駅のほうに向かって戻るべく、開国橋に向かい、平作川に沿って歩き始めた。
 平作川は漁船が繋げられていたりして海の薫りの残る川である。ところどころ小さな橋が対岸に架かっており、その眺めに小さな旅情を感じる。やがて夕日が川面を照らしだした。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO NEW)
2016.06.08 Wed l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top
久里浜海岸
 空も海もどんどん夕方の色になっていく。東の方向に向いている海岸なので海に夕日が沈む風景はないが、夕日を浴びる海岸は落ち着いた輪郭を見せる。
 船がどんどん向こうに去っていく。東に向かって、夕日を浴びて船は行く。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO NEW)
2016.06.06 Mon l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top
久里浜海岸
 くりはま花の国のポピー広場から久里浜の町に出る。近くには港があり、房総半島に向かって船が出ていく港町である。コンビニでビールを買って海岸に来た。
 ベンチに座って海を眺めていると、房総半島に向かって出航した船が現れた。その向こうにそびえる煙突は久里浜火力発電所のもんである。久里浜の景色は自然と人工物との融合が面白く溶け込んでいる。潮風とビールの組み合わせもそうかもしれない。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO NEW)
2016.06.05 Sun l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (2) トラックバック (0) l top
くりはま花の国
 ポピー広場は私のようにカメラ片手で歩いている人が結構いる。時代の流れか、カメラを持っているのは、やはり女性のほうが多い。西日が差す花畑はファンタジーな世界なのである。
 今回持ってきたα55はバリアングル背面液晶を備えていて、ミラーレス並みの快適ライブビュー撮影が出来るのだけれど、カメラを下げてローアングル撮影をする時には、とてもこの機構は助かる。最近のミラーレスだとチルト式を採用しているメーカーが多く、私の愛用しているNEX-6もチルト式である。素早くセットできて、いろんなアングルで撮影できるという点ではバリアングル式のほうが便利に感じる。
 私の前を歩いている二人組の女性が自撮り棒を活用して「花とわたしたち」を撮っている。綺麗な花畑は素敵なステージでもある。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO NEW)
2016.06.04 Sat l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top
くりはま花の国
 ハーブ園から下りてきてポピー広場に到着した。太陽が傾いてきているので、山によって日陰が出来ているエリアを避けて撮影に入る。
 色とりどりのポピーが綺麗に咲いている。どこからどう撮ろうかなんて迷うのがまた楽しい。花びらが綺麗だった一輪を撮ってみた。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO NEW)
2016.06.03 Fri l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top
くりはま花の国
 ハーブ園に入ると温室がある。ここはサボテンなどがあって、マクロレンズで寄って撮りながら歩くのが楽しい。変わった植物もいろいろある。コエビソウの前で足が止まった。
 コエビソウはその名の通り、花が小海老に似ている。温室はこの時間帯、光が室内に差し込んでくるので花が綺麗に輝いている。向きを変えたりしながら、思わず何枚も撮っていた。メキシコ原産の植物だそうである。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO NEW)
2016.06.02 Thu l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top
久里浜花の国
 ポピーの咲いている季節だなという事で、横須賀の「くりはま花の国」に行く。このブログでも何度も登場しているこの公園。海の近くに広い丘がそびえる風景は、まさに三浦半島、まさに横須賀ならではというもので、そこに様々な花が植えられている素晴らしい場所。入場無料なので家族連れの財布にも優しく、大勢来ている。
 今回は手前の入口から入らず奥の入口から入った。手前はポピー広場(秋はコスモス広場になる)になっていて、今回の目的のメインとなる場所であるけれど、ご馳走は後にとっておこうという訳である。
 奥の入口はカーブとなっている坂道を登っていき公園内に入る構造になっている。坂道を上がっていくと久里浜の港が見下ろせ、そこには展望スペースも用意されている。
 坂の上からハーブ園に続く道には紫陽花が咲いていた。今日の陽気ももう初夏そのものである。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO NEW)
2016.06.01 Wed l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (2) トラックバック (0) l top