呉線
 先ほど買った竹原の地酒のワンカップを帰りの呉線で海景色を肴に飲む。ロングシートだれど飲む。海に吸い込まれそうな長めです。
 呉線にもっと乗っていたいよー!という抑えきれない気持ちを慰めつつ三原から新幹線こだま。福山でのぞみに乗り継ぎ帰宅でした。帰りの新幹線でも、竹原の地酒を飲む。昼食が遅かったのでお腹が空いてなく、つまみ無しで飲む。
 それにしても、17時くらいまで瀬戸内海沿岸の町にいても、その日の夜には東京に帰ってこられる。新幹線ってすごい乗り物だと改めて思います。
 こうして五日間の旅はゴールとなりました。今回はちょっと趣向を変えて、私がSNSに投稿した文章を元に紀行文を作って記事として掲載させていただきました。
(RICOH GR DIGITAL)
スポンサーサイト
2015.09.29 Tue l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
竹原
 格子戸の並ぶ通りには竹細工の店もあり、そこで耳かきを買いました。その先にある民俗資料館では竹原出身のマッサンこと竹鶴政孝さんの展示をやっていたので入場。庭にはマッサン夫婦の銅像。遅い昼食は穴子。これがとても美味しかった。
 町をもう少し走っていき、たまゆらに出てきた日の丸写真館をパチリ。帰りの電車まで少し時間があったので、駅前の喫茶店に入ると、いい感じの昭和感。近くの土産店な酒屋に入り、親切なご主人の解説を参考に竹原の地酒のワンカップを買う。
(OLYMPUS E-410 LENS:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2015.09.28 Mon l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
竹原
 倉敷駅のお土産店を覗いたら瀬戸まんじゅうというお菓子が気になり、おばちゃんに詳細を教えてもらい、元祖きびだんごと一緒に購入。瀬戸まんじゅう、あんこはさっぱりしているのにじゅわっと広がる食感が美味しく。元祖きびだんごももちもち感が◎。
 倉敷から山陽本線でのお菓子品評会が終わり、前日も降りた三原駅にて呉線に乗り換え。呉線は三原を出てすぐに海沿いを走る。次々と現れる島々。寄り道をしたくなる路線であります。昼過ぎに竹原駅に着き、観光案内所でレンタサイクル(三時間500円)。たまゆら聖地巡り用マップをゲットして出発。
 駅前の小さな商店街を抜け、国道を越えると古い町並み出現。アニメにも登場したというお寺へ行くと、高台から町が見張らせるいい眺め。この町はお寺が多く、「かかえ地蔵」なんていう持って拝むお地蔵さんもあったりして、心落ち着く町です。
(OLYMPUS E-410 LENS:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2015.09.27 Sun l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
倉敷
 朝、美星町からバスで矢掛駅に向かい、列車が来るまで駅裏のお寺に参拝に行ったりして、井原鉄道と伯備線で倉敷に出ました。ここで接続の関係で一時間ほど時間があったので水島臨海鉄道に寄り道。駅に貼り出されてある時刻表見て11時発の列車で一駅だけ行って帰ってくることを決めました。
 その一駅となりの駅が「球場前」という駅で、ホームの左はすぐグラウンドで、この時も草野球が行なわれていました。こういう改札のない簡素な駅も好き。わずか滞在6分の間に駅のまわりを見物して倉敷に戻りました。
(RICOH GR DIGITAL)
2015.09.26 Sat l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
矢掛
 本通で少し迷いつつ「むさし」でおむすび買って広島駅に戻り、山陽本線に乗れば無事座れたものの混雑。さやしさんの地元を過ぎたあたりでもう思い切って封を開けて遅い昼食。
 三原で乗り継いで福山駅のホームで福山城を見つつ福塩線に乗り換え、神辺からは井原鉄道という乗り継ぎ旅。
 井原鉄道で降りたのは矢掛駅。山の麓に広がった小さな宿場町。ここから路線バスに乗って目的地である美星町へ。17時台だというのにこれが最終という…。しかし、それだけローカルな場所という事で、ここは日本三大星空のきれいな町なのです。
 美星町ではペンションに泊まりまして、宿でボリューム満点の夕食を食べていると宿のご夫婦が車で天文台まで送ってくれることに!週末は22時までやっているのです。巨大望遠鏡で星の観察を職員の方の解説つきで見られたり、テラスに出れば満天の星。
 21時過ぎまでテラスで天の川をはじめ無数の星を眺め、帰りは(星がよく見えるようにと街灯を極限まで消している)暗い夜道を宿のご夫婦に教わったとおりのコースを歩き無事に帰還。
 ペンションの庭で津和野で買った「初陣 大吟醸」を飲みながら星空を眺めたのでした。
(RICOH GR DIGITAL)
2015.09.25 Fri l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
広島
 そして岩国に折り返して戻ってきてから山陽本線の新車レッドウイングに乗って(混んでいたので運転席うしろでかぶりつき)広島へ。市電で平和公園にやってきました。
 資料館に行くのは二回目でしたが、前回も今回も、悲しみ以上に怒りに似た感情が沸き起こるのでした。
誰が悪いかとか、そういうのではなく、なぜこういうことが起こってしまったのか。
大勢の人が行き来する今の広島の街の繁栄を思い、公園で平和に感謝し手を合わせました。
(RICOH GR DIGITAL)
2015.09.24 Thu l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
錦町
 旅も四日目。朝五時半前に起きて錦川鉄道に乗った。ここの車両は全て地元の名物に合わせて絵が描かれ色も違う。私の乗ったのはピンクで桜の絵が入っていました。景色は錦川の清流に沿って走るのどかなもの。
 終点の錦町駅は女性駅員が手売りで切符販売をやってきて今や珍しい硬券入場券を売っていたので購入。スタンプを押していたら子供用スタンプまで出してきていただいて親切に感激したのでした。駅の周囲は山に囲まれたせせらぎの聞こえてくる静かな町。
(OLYMPUS E-410 LENS:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2015.09.23 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
津和野
 再び自転車を駆って町を走っていると酒蔵発見!試飲させていただき「初陣 大吟醸」を購入。
 津和野の古くコンパクトな町並みに魅せられ、予定時間を変更して走り回り、鼻歌気分でサイクリング。川のそばで写真を撮ったり、喫茶店でクリームソーダを飲んだり、四時間自転車を借りて駅に戻り、一本次の列車に乗りました。
 夕方の山口線から新山口で山陽新幹線、徳山からは山陽本線と乗り継いで岩国に到着。ホテルに荷物を置いて近くの飲み屋街へ。
 大衆的な店構えの店に入ると、瀬戸内海の海の幸が美味しい店で、サンマ刺しの活きの良さ、ブリカマの食感、地酒「黒松」の旨さ、とても良かった。
 岩国という街自体は堪能するほど歩かなかったのですが、帰りに寄ったコンビニで買ったブラックモンブランの味とともに良い食にありつけて満足の夜。
(OLYMPUS E-410 LENS:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2015.09.21 Mon l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
津和野
 津和野駅から自転車で10分とかからない距離にある稲荷神社で参拝。油揚げとろうそくセットを買ってお供えもしました。神社からは近くのリフトに乗って津和野城址を目指します。
 津和野(三本松)城址は山城で、リフトを降りてからも登山です。山道なのでクモの巣に遭遇したり簡単には到達させてくれません。20分ほど登山して本丸跡が見えてきてベンチがあったので益田駅で買った「焼き鯖寿司」を食べて休憩後、本丸跡へ。
 本丸跡の石垣は野趣に富んだ場所で、この写真のようなパノラマ風景でした。気分爽快で帰り道に迷いながらも無事に下山。
(iPhone5)
2015.09.20 Sun l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
温泉津
 旅の三日目。早朝、6時から開いている元湯さんに行きました。先客の地元の方の話では源泉がすぐそばにあるそうで、湯がとても熱い。結局ほとんど入るというよりも湯をかけて終わりましたが良い湯でした。
 続いて旅館の本館の朝風呂にも入ってみました。誰もいなくて貸切状態で露天などを少し楽しんだあと一旦離れに帰宅。支度を整えてから8時に開く薬師湯さんに行きました。ここも古びた趣のある外湯で、二階は休憩コーナーになっています。
 朝から温泉三昧したあと、旅館の方に車で駅まで送っていただき、山陰本線の旅を再開。日本海を眺めのんびり走る列車で益田に到着。駅前の喫茶店でモーニングコーヒーを飲み山口線に乗り換え津和野に向かいました。
 津和野ではレンタサイクルを借りて町を疾走。コンパクトな町です。
(RICOH GR DIGITAL)
2015.09.19 Sat l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
温泉津
 出雲市から山陰本線の旅を再開。日本海に沿って小さな漁村を見ながら列車は西に進みます。
 目的地の少し手前でオレンジ色の丸い夕陽が海に沈み、温泉津(ゆのつ)駅に到着。降りたのは片手で足りる人数。駅からすぐに小さな漁港が現れます。
 漁港のある小さな入江の脇に温泉街の細い道。ここは小さな温泉旅館しかない湯治場の雰囲気を残す町です。二日目の宿は、そんな温泉旅館の中でも結構名の知れた旅館のやっている別館。本館で色々と説明を受けて鍵を受け取ります。本館から徒歩2分ほどのところにその別館、というか離れに到着。
 この離れ、民家を改良して作った宿泊長屋なのです。三軒並ぶうちの手前の棟に宿泊。玄関があって、寝室、台所と食事をする部屋。その奥にトイレと風呂。もう普通に家です。二階建てですが、二階は人数の多いときに使うようです。
 鄙びた小さな温泉街なので食事が出来る店はほぼ一軒。カフェバーなその店に入りましたが、これがまたしても大当たり。アジの塩焼きのとろっとした旨さ、トビウオの白身の弾力、野菜の美味さ、大山の地鶏、地場ものを肴に地酒と九州焼酎で満喫。
 そんな感じで、食事を楽しんだあと宿、というか家に帰る感覚なので帰宅と言ったほうがしっくりきますが、とにかく帰る。本館の温泉が無料で入れたのですが、外湯巡りと合わせて、これは翌朝にすることにして、家の風呂でくつろいだのでした。
こんな感じで二日目が終わりです。
(OLYMPUS E-410 LENS:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2015.09.18 Fri l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
一畑電車
 一畑電車は宍道湖に沿って走るのですが、珍しい平地のスイッチバックはあるし、女性車掌さんがとても親切で丁寧な対応で乗客と接していて改めて好きな電車になりました。
川跡駅から乗り換えた出雲大社前行きは元南海電車。丸っこくてかわいい!
 そして、出雲大社に参拝。静かで優しい空気の流れる場所でした。
帰りはバスの予定を変えて、少し滞在を延長して門前の店に寄り道したりして過ごし、再び元南海電車で出雲市へ。
JR出雲市駅の構内にある喫茶店で時間までコーヒーを飲んだのでした。
(RICOH GR DIGITAL)
2015.09.17 Thu l 神奈川県以外 l コメント (2) トラックバック (0) l top
松江
 二日目は鳥取から鈍行と特急を乗り継いで昼前に松江に到着。松江市内には200円で乗れる市内循環バスが走っていて、これに乗って松江城に行きました。天守から街が一望できました。
 松江城は昔の建物なので中も文化財級でして、それに増して鎧や武具などが展示されているので興奮しました。木のぬくもりを感じる良い城でした。
もう昼食時を過ぎていたので、バスで松江しんじ湖温泉駅に着いたとき駅でおにぎりなどを買いました。ここからは私鉄の一畑電車です。
(OLYMPUS E-410 LENS:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2015.09.16 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鳥取
 夕方、鳥取駅に着き、バスで砂丘に向かいました。時間も遅く、18:30で帰りのバスも終わるので足早に散策。しかし、バス停付近から砂丘の全貌を見に行くには時間が足りませんでした。夕陽が撮れたから良いとします。
 帰りのバスを街の繁華街の途中で降りて飲みへ。詳細は書けませんが、疳板もない小さなこだわりの店で鳥取の地酒「諏訪泉」と一緒に味わったものが絶品でした。
 二軒目の焼き鳥店も値段の安さからは驚くほどの美味さ。気分も良く一泊目の宿である温泉大浴場付きの旅館に向かったのでした。
(OLYMPUS E-410 LENS:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2015.09.15 Tue l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
若桜
 津山から乗った因美線が一両の列車で車内も空いていて、とてものどかで大満足なのでした。窓の外は古い駅舎と農村が続く風景。若桜鉄道の乗り換え駅郡家(こおげ)の駅前を歩いていたら突然豪雨に見舞われたのでした。
 若桜鉄道の終点若桜駅は木造駅舎で、町もお寺の並ぶ細い通りがあったり、古い町並みの残る所。子供が挨拶をしてくるような素朴な町で、すっかり雨も上がって晴れた景色の下で楽しい散歩でした。
(OLYMPUS E-410 LENS:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2015.09.14 Mon l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
津山
 しばらく更新が止まっていていましたが、旅に行ってきました。寝台特急で出発しての五泊五日の旅です。今回からしばらくの間、旅の写真が続きます。よろしくお願いいたします。

 旅の一日目は岡山から津山線で津山でした。ロッカーに荷物をしまい、三時間ほど散策。城跡や城東町の古い町並みを見ました。
城跡の脇を流れる宮川のそばにあった稲荷様がとても良い雰囲気でした。
(RICOH GR DIGITAL)
2015.09.13 Sun l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2015.09.02 Wed l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三崎
 城ヶ島大橋の下から海に沿って港のほうに向かって歩いていくと、やがて北条湾が現れる。かつて北条水軍の拠点となっていた海。
 空は夕陽が染めつつあり、強い西日が建物を包む。古い床屋さんと夕陽はよく似合う。
(KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL LENS:MINOLTA AF 24-85mm F3.5-4.5)
2015.09.01 Tue l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top