20120428PICT0197.jpg
 曇りの空でも人は海を見にやってくる。江ノ島を背にして海を見ていた私は、ゆっくり起動する古デジカメを持ち海にやってくる人々を眺めている。
(MINOLTA DiMAGE S304)
スポンサーサイト
2012.04.28 Sat l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
20120426RIMG0017.jpg
 葉山というと海のイメージだけれど、ちょっと内陸部に入ると里山みたいな風景がある。ここ上山口は特にそういう場所で、一見どこにでもあるような田舎の風景なのだけれど、そんな田舎の風景が好き。
 小川の横をのんびり歩きながら、小さな小学校や古びた雑貨屋を見て歩くのです。
(RICOH Caplio G3)
2012.04.27 Fri l 葉山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ソレイユの丘
 昔は飛行場だった丘に新たな丘が出来ていて、その丘にベンチがひっそりと佇んでいる。
 昔は戦闘機が西日を浴びて佇んでいたであろう地に、今も静かに日は照らす。
(Panasonic LUMIX FX-9)
2012.04.25 Wed l 横須賀西部(相模湾側) l コメント (0) トラックバック (0) l top
20120422DSCF0039.jpg
 マニュアル操作が出来て、光学ファインダーがあって、動体予測AFボタンがついていて、設定のカスタマイズも出来て、そんなデジカメが軽くてコンパクト。
 昔とても欲しかったフジ ファインピクスF700。中古で二千円以下で美品を買って使っています。
(FUJI FinePix F700)
2012.04.23 Mon l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鶴巻温泉
 駅のホームに桜の木が寄り添っていた。電車がやってきたけれど、人は電車よりも桜に夢中、小田急線もこのあたりまで来るとのどかであります。
(MINOLTA DiMAGE xi)
2012.04.19 Thu l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
厚木
 ミノルタのディマージュF100というコンデジを持っている。このブログにも何度か登場しているけれど、なかなか写りの良いカメラだ。ディマージュFシリーズは、GTレンズという一眼レフのGレンズをコンデジ用にしたレンズを搭載し、一眼レフ並みに露出モードに「P A S M」を備えている。それでいて、ボディは小さく、電池も専用リチウム電池でなく単三電池だからエネループが使えるという利便性の良さ。光学ファインダーも付いている。
 これだけ書くととても良いカメラだけれど欠点があって、それは起動がとても遅い事と、電池の消費が早い事。まあ、昔のデジカメだからそこは致し方ない。

 そんな私のF100(こう書くとニコンの一眼レフみたいだが)はその青いボディも端正で気に入っているのだけれど、以前ソフトケースに入れてベルトに付けていたらベルトから外れてケースごと落としてしまい、背面液晶を壊してしまった。このカメラは一眼レフみたく軍艦部に液晶があって、そこに撮影情報は表示されるのでなんとか撮影は出来る。
 つまり、撮った画像は帰宅するまで見られない状態。そう、フィルムカメラのような状態である。それもまた面白いではないか。

 さて、桜を前にして起動スイッチをオンにする。「ピンピロリ~ン」というやや間の抜けた起動音とともにゆっくりゆっくりレンズが出てくる。レンズはミノルタの多くのレンズがそうであるように緑色だ。
 のどかな春の公園をスナップ。GTレンズは桜のピンクをどう表現してくれるだろう? 帰宅が楽しみになってくる瞬間だ。
(MINOLTA DiMAGE F100)
2012.04.17 Tue l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
腰越
 ある番組で℃-uteの矢島舞美さんが泊まった旅館の前には江ノ電が走っている。近くには番組の中にも出てきた江ノ島名物の「しらす」ののぼりを掲げた店もいくつかある。
 そんなのどかな道を車齢50年選手の古い電車が走り抜けていく。
(Nikon COOLPIX P7100)
2012.04.16 Mon l 鎌倉 l コメント (0) トラックバック (0) l top
相模川
 川沿いに桜が咲いている。人々はそれに和み、そして写真を撮る。撮るための機材は様々だ。携帯から一眼レフまで。私は「SORA」という名前のデジカメを空に向けた。
(TOSHIBA SORA T10)
2012.04.14 Sat l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20120412DSC00021.jpg
 同じような所で今度はソニーのサイバーショットF77を取り出す。W1のレンズはほかのサイバーショットと同じように「バリオ:テッサー」が付いているが、F77は「ディスタゴン」である。ヤシカコンタックス一眼レフの広角レンズと言えば「ディスタゴン」だから、そんな名レンズがコンデジに付いているなんて!と思わず張り切ってしまうが、勿論一眼レフのものとは造りは別物なのは言うまでもない。
 それでも、なかなか逆光でもいい感じだ。私は確かにこのカメラにディスタゴンが付いているから欲しくなったのだ。
(SONY Cyber-shot F77)
2012.04.12 Thu l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20120411DSC00011.jpg
 200万画素のコンデジでもレンズが良ければ写りはぢっかりしている。それを味わった次は、コンデジにカールツァイスを付けたソニーの出番だ。
 サイバーショットは彩度が独特で順光で威力を発揮するタイプ。そういえば、初めてサイバーショットT70を持ち出したときも横浜スナップで、空を背景に花を撮った事を思い出した。
(SONY Cyber-shot W1)
2012.04.11 Wed l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
井土ヶ谷
 2ちゃんねるのデジカメ板に古いデジカメでもまだまだいけるというスレがある。そのスレにニコンの古いコンデジで桜を撮ってアップするという人に賛同して、「オレもニコンの古コンデジで桜をアップする」という人が現れた。すると、ニコン以外のデジカメも混ぜてくれと賛同者が増えて、古いデジカメで桜を撮ってアップする大会みたいな流れになった。
 面白そうなので私も乗っかる事にして、今日横浜の大岡川に行ってきた。持ち出すデジカメのセレクトに悩んだが、今回は「スマートメディア、メモリースティック、XDカードを使用する機種」という条件で選び、オリンパスのC-2040、C-730、ソニーのF77、W1、フジのF700を持って行った。
 京急の井土ヶ谷駅に着いた私は、ここから三駅分歩きながら大岡川沿いに咲く桜を撮る。もちろん桜は大岡川以外でも咲いている。井土ヶ谷駅近くのスーパーのまわりも綺麗だった。
 ふと地面を見ると舞った花びらが。咲いている樹を写すのもいいけれど、ちょっと違う撮り方もしてみたいとシャッターを切った。カメラは200万画素ながら、開放F値1.8の明るい良いレンズが付いていて写りに定評のあるC-2040。随分前に買ったカメラだけれど、実は使うのは今日が初めてである。写真は画素数では決まらない。レンズは大事だなと改めて思うのだった。
(OLYMPUS C-2040 ZOOM)
2012.04.07 Sat l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
真鶴
 雨の降る真鶴。駅から片道160円で着いた魚市場の中は水槽に魚が泳ぐ空間だった。ひっそりと時間が止まったみたいに空気と佇む。
(OLYMPUS E-410 LENS:ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8)
2012.04.06 Fri l 真鶴・湯河原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 平日の逗子海岸。のどかなお昼。のんびり砂浜を散歩。穏やかな海を背景に写真を撮った。
(RICOH Caplio GX100)
2012.04.05 Thu l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20120404DSCF0008.jpg
 多摩川の土手を歩いてみる。見慣れた下流の景色とほんのちょっと違って見える中流の景色。
 行き交う人も車も同じような筈なのに、立っている場所で見え方も換わる。
 そんな景色を何世代も昔のデジカメ、ファインピクスF601で撮ってみる。
(FUJI Finepix F601)
2012.04.04 Wed l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top