20120329R1023449.jpg
 けだるい午後、待ち合わせの場所と時間まで少し時間があるから普段行く機会が少ない町に向かう。
 小さな小川というか用水路があった。のんびりそれを眺めていた私を一輪車に乗った少女が追い越していく。静かな裏道に突然吹いたそよ風のように。
(RICOH Caplio GX100)
スポンサーサイト
2012.03.30 Fri l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top
入谷
 階段を上がるとすぐそこはホーム。つまり無人駅であり、駅舎もない。少し傾き始めた太陽が雲と山と無人駅を照らす。
 遠い地にいる人と線路はつながっている。山を越えてつながっている。人をつなげているのは電話とかネットだけではない。
(iPhone4)
2012.03.27 Tue l 高座 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20120324IMGP2344.jpg
 山下公園にある氷川丸は観光スポット。そして、鳥達のお休みスポット。そんな鳥達に観光客の多くはカメラを向けているのでした。
(PENTAX K10D LENS:smc PENTAX FA28-70 F4AL)
2012.03.24 Sat l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (2) l top
立石
 澄んだ空気の休日、静かなスポットの多い三浦半島西側には珍しいドライブスポット横須賀市の立石にやってきた。葉山の南にあるこの海岸、相模湾の向こうに富士山が見える。「夕日と立石と富士山」というシチュエーションに家族連れのテンションも上がっている。私は静かにシャッターを切る。
(MINOLTA DiMAGE xi)
2012.03.22 Thu l 横須賀西部(相模湾側) l コメント (0) トラックバック (0) l top
_20120320.jpg
根府川駅の前を少し歩いたら、無人のみかん売りを発見した。なんだが、ふと嬉しくも優しい気持ちになって、坂道を早歩きしてみた。
(iPhone4)
2012.03.21 Wed l 小田原 l コメント (0) トラックバック (1) l top
安善
 軍事施設と倉庫ばかりの一見無機質な空間にひっそりとバス停が立っていた。小さな屋根が付いているその風貌は、見た目だけならば田舎のバス停みたいだ。一瞬だけ遠くへ出かけた気分になって曇り空を見上げてから写真を撮る。
(iPhone4)
2012.03.19 Mon l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (1) l top
黒崎
このブログにも何度も出てきている黒崎飛行場の成れの果てであるこの道。その先にある架空のカフェに出会うため、私はカメラを片手にやってくる。
 この道から見る夕日はいつも違う色を見せてくれる。「今日の星占い」みたく、そのときの空の色で帰りの足取りが軽くなる。
(KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL LENS:MINOLTA AF 24-85mm F3.5-4.5)
2012.03.16 Fri l 三浦 l コメント (0) トラックバック (4) l top
東戸塚
 冬の街の空気、それを受けてひっそりと立っている冬枯れの街路樹の眺めは割と好きだ。青空だと尚よい。寒いからみんな急ぎ足だけれど。
(iPhone4)
2012.03.12 Mon l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (3) l top
大川
 鶴見線に大川支線という路線がある。本線から一駅だけ飛び出ているだけの短い支線。
 ここがなんと昼間は電車が来ないのだ。平日は朝と夜に8本、休日に至っては3本しか電車がない。工場に通う人達のための路線というわけだ。
 線路も少し錆びていて、駅のはずれには遮断機のない細い踏切があった。その踏切を人が歩いていく。風だけが寒い。
(Canon Power Shot G2)
2012.03.08 Thu l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (1) l top
長者ヶ崎
 冬の葉山の海の良いところは空が透き通っていて天気がいいと海の向こうに富士山が見える事だが、雲がとても綺麗な事も冬の魅力だ。
 西の岬の向こうに日が沈んで、雲はそっとそこに残る。なんだが空が滲んでいる。
(PENTAX K10D LENS:smc PENTAX DA18-55ZOOM)
2012.03.02 Fri l 葉山 l コメント (0) トラックバック (1) l top