鴨宮2


 コンデジの望遠をめいっぱい使って撮ろうと頑張ってみた。しかし、どうやってもマンションが邪魔になる。真新しい建物なので、少し前ならホームから富士山をよく眺める事が出来たのだろう。残念だけど、マンションに文句を言っても仕方ない。よく眺めると、電線も邪魔だ。しかし、電線にも文句を言っても仕方がない。生活に密着しているものを、いかにうまく収めて撮るかも、スナップの面白さであり難しさだと改めて実感。
 そんな事を考えていると、富士山の手前を新幹線が走り抜けていった。この構図は良いと感じ、次にやってきた新幹線を狙って撮る。新幹線の速さは尋常ではなく、数秒で通り過ぎてしまうので、シャッターを慌てて切る。微妙にブレた写真出来上がりになってしまった。スナップは難しいとまた実感。

スポンサーサイト
2008.03.15 Sat l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鴨宮1


 のんびりした雰囲気の駅で和んでいるのも良いが、どちらの駅も富士山は見えなかった。東京行きに乗って小田原駅を通り越し、鴨宮駅にやってくる。ようやく「富士山の見える駅」に辿り着いた。ホーム先端からよく見える。望遠レンズが欲しいところだが、今日は撮影目的で出かけている訳ではないから、バッグに入っているのはコンデジだけだ。でも、コンデジだから持ち歩けて、こうして写真を撮ったり出来るとも言える。一眼レフは撮影目的がないと、なかなか持ち歩けない大きさだ。

2008.03.15 Sat l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
早川


 根府川駅から東京行きの電車に乗って隣の早川駅に行く。相模灘からの汐風で駅名標が錆びている。こういうデザインの駅名標は国鉄時代からのもので、最近はあまり見かけなくなりつつあるような気がする。都市部とは違った時間が流れているような駅。
2008.03.15 Sat l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
根府川


 2008/2/13 小田原周辺と富士山

 東海道線に乗っていたら、平塚の手前から富士山が大きく見えてきた。この辺りからは、冬の天気の良い日は富士山がよく見える。ちょっと寄り道して写真を撮ってくる事にした。
 まずは根府川駅に降りる。相模灘が青々と広がる眺めを、ホームからゆっくりと見る事が出来る。吹く風はまだ冷たく冬の風だが、空の明るさは春の近づきを予感させる。
2008.03.15 Sat l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top