辻堂海岸

 江ノ島水族館を過ぎると不思議なほど海岸から人の姿がいなくなった。砂浜は相変わらず続いているし、見える景色に大きな違いはない。ここは「江ノ島」ではないから用はないという人が多いのだろう。でも、静かな海岸を歩きたい私のような人には好条件だ。
 砂浜をひたすら歩き、時々写真を撮る。景色が広いから距離感がおかしくなり、ぼんやり歩いていると辻堂を越えて茅ヶ崎まで行ってしまいそうだ。ふと我に返り、多分この辺りは辻堂だろうと思われる場所で海岸から離れる。予想は当たり、迷わず辻堂駅への一本道に辿り着く。海岸近くの大きな芝生広場のある公園には、大勢の家族連れが遊んでいる。この辺りは大きな団地があるからか、地元の軽装な人達が多かった。
スポンサーサイト
2008.01.19 Sat l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
片瀬東浜海岸

 橋の下の地下道をくぐり、反対側の片瀬東浜海岸に出た。砂浜には、ランニングをする人、本を読む人、寝ている人、みんな思い思いに過ごしている。そんな風景を何枚か撮影するが、車窓を撮ろうとモノレールの車内で電源入れっ放しにしていたのがよくなかったのか電池残量が少なくなり、コンデンサが弱ってきたようで操作感がギクシャクする。シャッターボタン押してもタイムラグが発生したりして、失敗写真を量産。画像も手ブレ気味。
 江ノ島は賑やかすぎて落ち着かないので、散策の方向を変えて辻堂に向かって歩く事にした。海岸にはたくさんいたトンビも、住宅街にまでは現れず安心してパンを食べる。
2008.01.19 Sat l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
江ノ島海岸

 江ノ島海岸までやってきた。結構人が多い。橋の近くから富士山を眺めるも、頂の辺りが雲に覆われていて全容が見えない。
 雲の移動を待つ事にして岩壁でパンを食べていると、トンビがやってきててに持っていた食べかけのパンを持っていかれてしまった。橋の付近には、「トンビに注意」という注意書きがしてあったが油断していた。怖いので食事は中断する事にした。
 やがて、雲が移動して富士山の全容が見えてきた。少しアップで撮りたかったが、持参のデジカメのズームが動かない。久々に持ち出した機種だからか?買ったばかりの充電池エネループとの相性なのかは謎だが、仕方なく引きの画で撮影する。
 仕上がりは、色が薄かったので青味を強めに加工。撮った画像をいじるのは本意ではないけれど。
2008.01.19 Sat l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
湘南江ノ島

 2008/14 江ノ島~辻堂 ~富士山を見ながら海岸散歩撮影~

 この日、朝のニュースで江ノ島海岸から富士山がバッチリ見える映像を見た私は、早速東海道線と湘南モノレールに乗って江ノ島にやってきた。
 江ノ島に向かう電車は他に、江ノ電や小田急があるけれど、久しく湘南モノレールに乗っていないので、大船からモノレールというルートを選んだ。このモノレール、ぶら下がって走る構造なのだけれど、加速感が普通の電車以上に速くて楽しい。隣の席に居た子供が「はえ~っ!」と喜んでいる。
 モノレールとか新交通システムの駅というものは、全国どこに行ってもいわゆる「今風な合理的デザイン」で面白みに欠ける駅が多いが、湘南モノレールの駅は、ちょっとくたびれた古さがありローカル線的な味がある。静かな住宅地に紛れた無人駅もあったりして、旅情では江ノ電にも負けていない路線に思えた。
2008.01.19 Sat l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
これまでは、写真と紀行文を載せていくスタイルでしたが、新たに「カメラエッセイ」というカテゴリを作りました。私が使っているカメラ・デジカメの使用感や、これから欲しい機種への想い、あるいは使用機材などについて書いていきたいと思っています。
撮った写真だけではなく、使っているカメラなどについても興味をお持ちになる読者さんもいらっしゃるであろうと思いました。まあ、自分が他の人の写真サイトを見た時に、どんなカメラを使っているのかな?とか気になるからなのですが。
そんな訳で、時々書いていきますので、よろしくお願いします。
2008.01.12 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あけましておめでとうございます。
昨年12月に立ち上げたこのブログも、とりあえず軌道に乗ってきたかなというところです。今後も、週末あたりに更新していくような流れでやっていきますので、ご贔屓のほどよろしくお願いいたします。
2008.01.12 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top