FC2ブログ
新逗子
 空が曇りから変化してきて日差しが強くなってきたので、駅に向かった。なぜか駅に向かう道は日本人よりも外国の人が多い。逗子も国際的なビーチになってきたのか。
 京急の新逗子駅は十月から駅名が変わる。変わる前に駅名標を記録しておきたい。そんな思いで撮影する。この駅舎は確か関東の駅舎百選か何かに選ばれていたような記憶がある。逗子海岸や葉山への最寄りの観光駅らしさが溢れていると感じる。
(RICOH GR DIGITAL)
スポンサーサイト



2019.08.29 Thu l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 逗子海岸にやってきた。渚橋の上から海を眺める。何年か前に来た時は六本木かどこか東京の盛り場が逗子にそのまま移動してきたような、そんな喧騒と人達に包まれていたこの海岸も、今は普通の海水浴場である。
 もちろん今も若年層はいるが、家族連れは近づけないような雰囲気ではない。ただ、一度付いた評判や印象は簡単に元には戻らない。熱量が少し低いような海岸に思えた。
 そう思ったので、カメラを仕舞って砂浜に出てみることにした。海の家はちゃんと海の家であった。音楽が鳴り響くことはもうない。歩いている人達も横浜駅前あたりと変わらない。
 夏の海は名残惜しそうに雲間から太陽を覗かせ始めた。帽子も日焼け止めの準備もしていなかった私は、急いで海岸から離れ、駅の方角に歩き出した。
(RICOH GR DIGITAL)
2019.08.28 Wed l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 雨上がりだからか、田越川の水は濁っていた。川は蛇行しながら海岸へ続く。
 駅前も海岸へ行く道にも海水浴の人は見かけない。安心して楽しめる海を目指して規制を厳しくした結果、訪れる人が少なくなったのだろうか。
(RICOH GR DIGITAL)
2019.08.24 Sat l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 逗子駅から少し遠ざかり、なぎさ通りに出た。道幅は狭いが国道を回避している車が通るからか通行は多い。
 このまま新逗子駅の方に向かって歩くことにする。池田通りと同様、なぎさ通りも個人商店が立ち並んでいる。
 葉山と比べると並ぶ店の種類は庶民的である。生活環があると言い方を変えてもいい。葉山の家並み店構えも好きだが、逗子に漂う昭和感も好きだ。
(RICOH GR DIGITAL)
2019.08.21 Wed l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 池田通りを歩いてみた。以前、この辺りで美味しい海鮮の店に入ってランチを食べた思い出がある。逗子は漁港町であるから当然海産物が美味しい。
 マンションも建ってるし、細かく見ていけば景色は変わっている筈だが、雰囲気は二十年前くらいとあまり変わっていない。そんな印象の逗子駅周辺だ。洒落た構えの店もあるが、庶民的な構えの店もある。そのバランスがとてもいい。
 美容室の前に花を見つけた。モノクロスナップのつもりで歩いていたが、花はカラーで撮りたい。
(RICOH GR DIGITAL)
2019.08.18 Sun l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top