逗子
 私が海岸に着いたのと同じくらいの時間にやってきた女性が、一眼レフに大きなレンズを付けて撮影している。白いレンズだからキヤノンか。ミノルタやソニーも白い望遠レンズを出しているのに、白レンズを見ると、ついついキヤノンだと思ってしまう。αユーザーなのに(ついでに言えば、ミノルタの白いGレンズも持っているのに)。余談だが、キヤノンのは正確には明るいグレーで、αのは白い。
 望遠で海岸を撮るとすれば、海の向こうにある何かである。江の島の向こうに富士山がそびえている。空が暗くなるにつれて、その形が濃くなっていく。
 私も望遠レンズを持ってくれば良かったと一瞬だけ思った。基本的に、コンデジのズームは広角側しか使わない。W1の望遠側は114mmの画角で中望遠クラスだし、F77は単焦点だ。13年前のコンデジと、15年前のコンデジ。適材適所で楽しむのが吉か
 でも、こうしてオーソドックスに海岸と空を撮るのだって楽しい。三浦半島の夕日は大好きだ。
(SONY Cyber-shot W1)
スポンサーサイト
2017.12.30 Sat l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 葉山あたりで夕日を見ていると、犬を連れて海岸に来ている人をよく見かける。逗子も同じように犬を連れての夕日散歩の人がちらほら居た。
 森戸海岸と比べると逗子海岸の砂は少し柔らかい感じがした。
(SONY Cyber-shot F77)
2017.12.29 Fri l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 夕日を撮ろうと、数人の人が集まってきた。或いは、夕日を見ながら散歩しようという地元の人。
 もう既にサーファーは撤収したようだ。浜の上をトンビが飛んでいく。
(SONY Cyber-shot F77)
2017.12.28 Thu l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 逗子海岸まで戻ってきた。風は少し収まった。期待通り、夕日が海岸を染め始めている。
 逗子の夕日は、三浦市あたりの夕日と比べると色が明るい印象がある。雲が三浦市ほど多く出て来ない印象もある。今日もそんな夕日だ。
(SONY Cyber-shot W1)
2017.12.27 Wed l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逗子
 今回は二台持ちで歩いている。どちらも古いサイバーショットだ。W1はファインダーが付いていて使いやすく、電源が単三電池なのでエネル-プが使えるのが嬉しい。エネループは、単三六本を使用するペンタックス645向けに六本所有している。
 W1のレンズはサイバーショットにはよく見られる、カールツァイスのバリオテッサーで、135判換算で38-114mmの三倍ズームである。この焦点距離は、私の初代散歩デジカメ「「ミノルタディマージュXi」と同じなので馴染みのある画角なのがまた良い。
 もう一台が、先日記事にしたF77だ。こちらは専用リチウム電池なのでボディは軽い。レンズ部分を回転されて起こすと電源がオンになる仕組み。
 どちらのサイバーショットもセンサーサイズは1/1.8/CCDなので、画質はそう変わらない。写りとしては、F77の方が実際の色に近く、やや逆光に強いという感じ。
 強風に散策を断念した岬を振り返り、ディスタゴンの付いたコンデジで撮ってみる。
(SONY Cyber-shot F77)
2017.12.23 Sat l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top