太平寺跡
 来迎寺に入る石段の脇に太平寺跡を示す石碑があった。太平寺はかつて鎌倉尼五山第一位としてこの西御門に建っていた尼寺である。
 私がこの太平寺について知ったのは、昨年の夏頃読んだ伊東潤さんの歴史小説「戦国鎌倉悲譚 剋 (講談社文庫)」がきっかけだった。この小説は玉縄北条家を描いた小説で、舞台は玉縄城と鎌倉の町。主人公は玉縄北条家第五代当主である北条氏舜。氏舜は「うじとし」と読む。その氏舜が、北条家と安房の里見家との同盟の証人として相模にやってきた北鎌倉の東慶寺の青蓮尼と、色々な苦難を越えつつ心を通わせていく物語である。その青蓮尼の母が青岳尼という太平寺の住職であった。
 太平寺は源頼朝が自分を助けてくれた尼僧の姪の願い受けて建立したという説もあり、のちに代々足利家の者が住職を務めた。青岳尼もその一人である。しかし、弘治元年(1556年)に安房の里見義弘が三浦半島から相模に上陸、鎌倉の町に侵攻して太平寺から本尊の木造聖観音菩薩立像(のちに東慶寺の要山尼が里見家と交渉して取り戻す)と青岳尼をさらってしまった。青岳尼は里見義弘の許嫁であったとも言われる。
 青岳尼は安房では還俗し里見義弘の正室となっており、どうやら里見家で幸せに暮らしたようなのだが、太平寺はその後、当時の小田原北条家当主であった北条氏康によって廃寺となる。本尊と住職を交戦相手の里見家に奪われたことが、氏康の怒りを買ったことを示す文書も残っているそうである。
 現在、太平寺の本尊は東慶寺に、本尊を安置していた仏殿は円覚寺に移築されて残っているそうである。こちらも機会をみて訪れたい。ちなみに、太平寺のあった場所は、この石碑の近くにあるテニスコートがその跡地だと言われる。
(FUJI FILM X100)
スポンサーサイト
2016.02.24 Wed l 鎌倉 l コメント (2) トラックバック (0) l top
来迎寺
 八雲神社のすぐ近くに来迎寺がある。来迎寺に上がっていく石段の横に太平寺跡を示す石碑が建っていた。太平寺はかつて存在した尼寺である。去年、ある小説を読んでから太平寺の跡地を訪問したいと思っていたので、思わぬ出会いに驚き喜んだ。太平寺については次回書くことにする。
 石段を上がると来迎寺の本堂が現れる。永仁元年(1293年)に建立された古いお寺。現在は住宅地のはずれに位置していて、観光客の多いエリアからは離れているが、緩い坂道の上にゆったりと構えているお寺であります。
(FUJI FILM X100)
2016.02.23 Tue l 鎌倉 l コメント (0) トラックバック (0) l top
八雲神社
 西御門跡の近く、北の方向に行くと八雲神社と来迎寺があると案内板に書かれてあった。まだ時間はあるので、もう少し歩いてみたくて向かってみることにする。
 静かな住宅地の道を歩き、近くの学校の所有するテニスコートの脇を抜けると鳥居が現れた。その斜め横にある石段を上がると来迎寺である。
 八雲神社はスサノオノミコトを祀った神社で全国にあるが、鎌倉には四つの八雲神社がある。そのうち、この西御門にある八雲神社は「やぐも」と読み、大町、山ノ内、常盤にある八雲神社は「やくも」と読むようである。
 社殿は天保年間に建てられたものだそうだ。
(FUJI FILM X100)
2016.02.21 Sun l 鎌倉 l コメント (0) トラックバック (0) l top
白旗神社
 荏柄天神社を参拝したあとは、西の方角に向かって歩いていく。すぐに東御門橋に着く。この先にある清泉小学校がある辺りは鎌倉幕府初代将軍である源頼朝の屋敷があり、そこが政庁(大蔵幕府)として機能していた。その東門がここにあったという。
 細い道を更に行くと、やがて白旗神社が現れる。白旗神社は源頼朝を祀った神社で、横にある階段を登っていくと源頼朝のお墓がある。このお墓のある場所は源頼朝の建立した法華堂があったが明治の神仏分離令によって今はなく、こうしてお墓が建っている。
 お墓に手を合わせ、白旗神社の前の道を南に向かうと大蔵幕府跡の石碑がある。源頼朝、源頼家、源実朝、北条政子の時代まで鎌倉幕府はここにあったのだそうである。
(FUJI FILM X100)
2016.02.20 Sat l 鎌倉 l コメント (0) トラックバック (0) l top
荏柄天神社
 朝比奈や金沢八景方面に行く道は、岐れ路という交差点で文字通り道が二手に分かれる。細い分岐路は「お宮通り」という鎌倉宮に通じる道で、幅の狭い道なのだが鎌倉宮と鎌倉駅を結ぶ路線バスも走っている。
 鎌倉宮の手前に天神前というバス停があり、そのバス停の場所から左に曲がるとすぐ荏柄天神社の階段が見えてくる。階段下にある説明板によると、荏柄天神社は大宰府天満宮(福岡県)、北野天満宮(京都府)と並び日本三大天満宮とされていた由緒ある神社だそうである。
 天神社なので学問の神様菅原道真を祀っていて境内に梅の木がある。門をくぐると梅の花の香りが漂ってきて心地よい。境内の広い神社ではないが、見晴らしも良く、本殿のすぐ横の洞窟に祀られる熊野権現、門の横に力強くそびえるご神木、154人の漫画家によるカッパのレリーフのある絵筆塚がある。
 長治元年(1104年)に建立されたこの荏柄天神社。かつては源頼朝が鎌倉幕府の鬼門の守護社として社殿を造営した歴史もあるそうである。
(FUJI FILM X100)
2016.02.19 Fri l 鎌倉 l コメント (0) トラックバック (0) l top