野島
 沿線風景は倉庫街になっていった。朝夕しか走っていないバス停があったので、そこのベンチに座って缶コーヒーを飲む。
 シーサイドラインの高架は、今度は右カーブし、海岸線に沿うような位置関係になる。
 やがて、岸壁が見え始め、その向こうには八景島とシーパラダイスに施設が見えてきた。その向こうに見えるのは、お隣横須賀市の工場地帯だろうか。
 八景島を過ぎ、柴町の漁港を回り込むようにして歩きながら、人工の海浜公園である「海の公園までたどり着いた。さすがに歩き疲れてきた。三時間以上は歩いただろうか。終点の金沢八景までは三駅だが、ここから金沢八景までは何度か歩いているので、ここで沿線散歩は終了する。
 海の公園柴口駅似着くと、あちこちに「柴口このみ」が溢れていた。券売機の横、自販機の横、エスカレーターの脇、通路の壁、いたる所に彼女の笑顔が貼られている。
 金沢八景行きの列車に乗る。クロスシートの部分が空いていたので、そこに座ると、やがて窓外には平潟湾と野島が見えてきた。列車は平潟湾の上を横切りながら、金沢八景の町に入った。現在、京急の金沢八景駅に横付けするための工事中である。この金沢八景駅の姿が見られるのは今のうちということになる。壁に貼られた柴口このみが、新駅でも笑顔を振りまいているだろうか。新駅開業が楽しみである。
(uPhone5)
スポンサーサイト
2017.08.02 Wed l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
幸浦
 道路に沿ってシーサイドラインの高架が並走している。その向こうに広がる木々は並木公園だ。道路を挟んで工場地帯と大きな公園があるという不思議な風景。
 幸浦駅を過ぎると高架は左にカーブして道路を越えて、海側に向かっていく。カーブを曲がりきったあたりに、横浜金沢ハイテクセンターというビルが建っている。ホテルも併設されていて、とても綺麗な建物だ。
 暑さに疲れてきたので、ちょっとここで休憩。新杉田から歩き始めて、小休止を抜いた歩行時間は二時間近くが過ぎている。疲れはあまり感じず、なかなか楽しい。まだまだ歩こう。
(iPhone5)
2017.08.01 Tue l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
横浜ベイサイドマリーナ
 鳥浜駅から海の方に向かい橋を渡ると、前方には横浜ベイサイドマリーナが見えてきた。ここには、アウトレットモールがあり、ショッピングモールでよく見かけるようなブランド品の店が並んでいる。
 ヨットハーバーの脇にベンチがあったので、そこで休憩にした。風が涼しい。天気が良ければ、なかなか爽やかな場所なのかもしれない。
(iPhone5)
2017.07.30 Sun l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鳥浜
 金沢シーサイドラインに沿って歩き始めた。周囲は工場と高速道路という風景だ。空気が悪そうなので、持参のマスクを着用する。曇りとはいえ、日差し対策で帽子もかぶっているので、なんだか怪しい風貌かもしれない。
 30分ほど歩くと、鳥浜駅が現れた。ここには何度か来ている。ちょうど昼時なので、沿線散歩から一旦離れて、海の方に向かう。潮の関係なのか海面が赤い。
(iPhone5)
2017.07.27 Thu l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新杉田
 新杉田駅にやってきた。ここはJR根岸線と金沢シーサイドラインの駅がある。
 JRの駅には小規模ながら商業ビルが併設されていて、その敷地を抜けていくと、金沢シーサイドラインの乗り場が見えてくる。
 金沢シーサイドラインは、「鉄道むすめ」という全国の鉄道をモチーフにした女の子キャラのシリーズとタイアップしているようで、駅構内に入った瞬間、その女の子のイラストがあちこちに溢れていた。
 柴口このみという名前のその女の子。名前の由来は、海の公園柴口駅から来ているという。「このみ」は「うみのこうえん」と表記すれば由来が理解できることだろう。
 そんな訳で、このみちゃんが溢れている金沢シーサイドラインの沿線を、これから歩く。終点の金沢八景まで歩く事はしないが、出来るだけ長い距離を歩いてみるつもりだ。
(iPhone5)
2017.07.26 Wed l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top