IMG_2413_R.jpg
 横浜駅の東口に出て、そごう百貨店の二階を通って外に出る。そこから屋根付きの歩道を行くと、日産自動車の本社に入ることができる。最寄駅は、みなとみらい線の新高島駅だが、横浜駅からのアクセスも悪くない。
 日産の本社は元々は東京の銀座にあったが、横浜市の要望などもあり、こうして移転してきた。一階はショールームになっていて、最新の車や往年のクラシックカーも展示されている。この日、歩いていると、電器自動車の展示が目立つところにあった。
 外には、小型の電気自動車が試乗用に置かれてあり、日産の取り組みがよく伝わってくる。その熱心さに、そう遠くない将来、電気自動車は当たり前の存在になっていくのだろうなとも、改めて感じるのである。
(iPhone5)
スポンサーサイト
2017.10.18 Wed l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新高島
 新高島駅は以前は駅名標に「マリノスタウン」と書かれていた時期があった。その名のとおり、マリノスの練習場であるマリノスタウンの最寄り駅だったのだ。
 マリノスタウンは県から借りた土地に造成された練習場であったので、長期契約の期間の更新時期にマリノス側が更新を諦め、今はみなとみらい地区から撤退してしまった。
 新高島はビルやマンションが建つ地区ではあるが、まだまだ空き地になっている場所もある。この辺りは土地も高いようだし、運用できる団体は限られてしまうだろう。
 もし、マリノスタウンにスタジアムが建っていたら?なんて妄想をする。チーム名が船員を意味するものであるのに、ホームスタジアムが海から離れた場所にある現状は物足りない。決して見やすいとは言えない「巨大陸上競技場」でサッカーをやっているというのは、興行としてもベストな選択ではないだろう。
 新高島駅のひっそりとした構内に、賑わいが訪れる日は来るだろうか。みなとみらい線は地下線だが、線内は優等列車の運転が行われている。横浜~元町・中華街の間を、特急はみなとみらいのみ停車、急行は新高島だけ通過して後は各駅に停まっていく。
 そんな訳で、特急も急行も通過し、各停だけ停まる駅である新高島駅に佇み、そのオフィスビルを思わせる外壁を眺めながら、沿線にひとつくらいは観光とは無縁の駅があってもいいねと思いながら、電車に乗り込んだ。次は横浜駅。今回の、みなとみらい線各駅撮影の旅はここまでとなる。
(RICOH GR)
2017.08.21 Mon l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新高島
 新高島駅にやってきた。乗った電車にはポケモンのイラストがラッピングされていた。
 新高島は日産自動車の本社がある場所だが、みなとみらい線の他の駅に比べると観光地は少なく、受講客も少ない。私もライブハウス横浜ブリッツがなくなってからはご無沙汰な駅である。
 だからだろうか、都会の中にある駅であるのに、とても静かな環境で、なかなか落ち着く駅である。大都会の中にある静かな地下駅というと、大阪の人には地下鉄千日前線の駅のような感じと言えば通じるだろうか。
 駅自体は新しく天井も高い駅だ、新高島駅も、デザインに凝ったみなとみらい線の駅のひとつなのである。
(RICOH GR)
2017.08.20 Sun l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなとみらい
 みなとみらい駅はランドマークプラザと直結していて、長いエスカレーターが駅と商業施設とを結んでいる。
 そのエスカレーターはホームからも見ることが出来る。この駅に来る度に、設計者の心意気を感じる。観光客が大勢訪れる駅だから、印象に残る造りとなっているのだろう。
(RICOH GR)
2017.08.19 Sat l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなとみらい
 みなとみらい駅に着いた。ここはホームの上が吹き抜けになっていて、ランドマークタワーから駅に通じるエスカレーターや、ホームの上を横切る通路などが、ホームから見渡せる。
 そういった眺めは、未来的であり、駅名と合っているコンセプトなデザインの駅だと感じる。観光地であり、ショッピング街でもある場所なので、多くの人で賑わう駅である。
 みなとみらい線は地下鉄風情な路線だが、急行や特急が運転されており、横浜~元町・中華街の間にある駅で唯一、特急が停車する駅である。
(RICOH GR)
2017.08.18 Fri l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top