岩
 岩の集落に入る。道は細く、それほど広くない場所に民家が固まっているという感じで、通る車も少なく静かである。
 集落は崖に囲まれていて、海岸を除く三方向に崖がある。その中に、如来寺跡というお寺の跡があるので行ってみた。
 小さな洞窟の中に仏像が並んでいる。地元の方々によって整備されているようで、お寺の跡といっても石像物が色々と残っている。鎌倉時代の歴史を今に伝える貴重なお寺跡。
 しばらく集落の中を歩いたあと、ふたたび海岸に出て漁港を少し見たあと、役場につながる道を歩き始めた。
 如来寺跡について
(SONY Cyber-shot W1)
スポンサーサイト
2018.01.29 Mon l 真鶴・湯河原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
岩
 岩大橋を撮ることに夢中になっていていたが、海岸の方もじっくり見てみよう。
 浜には小さな島がある。弁天島という名前がついている。浜のすぐそばに島があるという景色はいいものである。辺りは岩の姿も猛々しい断崖で、岩大橋はトンネルでここから海に出ている。
 小さな川が流れる洞窟もあった。少し先で山から出ているようで、うっすらと明るい。
 さて、次は集落を歩いてみよう。
(SONY Cyber-shot W1)
2018.01.27 Sat l 真鶴・湯河原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
岩
 町役場の前の道を歩いているうちに、道は下りになり、やがて海が家と家の間から見えてきた。そんな坂道が、更に急になってきたあたりで右手に海岸が現れた。
 海鮮料理の店が左にあり、そこを更に下ると浜である。トイレを併設した展望台のような施設があるが、現在は展望台は閉鎖されているようだ。とりあえず、砂浜に出た。
 神奈川県の地図で真鶴付近を見る度に行ってみたいなと思っていた景色がある。岩大橋だ。海の上に架かる橋である。浜から眺めると結構大きな橋だ。有料道路の端だからだろうか威圧感すらある。橋の右側は下り勾配になっている。確か、この先はトンネルなので、山の位置が低いのだろうか。
 海の上に架かる橋というと、神奈川県では観音崎大橋があり、私も歩いたことがあるが、あちらは集落を抜ける道を拡張させるために砂浜の所に橋を掛けたものだから、距離も短く、道路そのものだって幅の狭い道である。しかし、岩大橋は自動車道だからスケールが大きい。仮に歩道があったとしても、あの上を歩く気にはなれない。そんなダイナミックな橋である。
(iPhone5)
2018.01.25 Thu l 真鶴・湯河原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
真鶴
 真鶴は坂の町である。駅のある位置は高台の上で、海に向かって道が下っている。
 町役場の前の道は短いながらも平地で、周辺には家がそれなりにある。坂が多いゆえに、まとまった市街地はないが、この辺りから駅の方向に向かった辺りは町の市街といった感じだ。
 バス停を見ると会社が民間ではなくなっていた。以前は伊豆箱根鉄道のバスが真鶴駅と役場から岩地区を結んでいたが、2008芽より真鶴町コミュニティバスに移管されたようである。運賃は大人200円。
 真鶴町は神奈川県で初めて「過疎地域」に指定された自治体で、昨年秋の人口は七千人ほど。平成の大合併の時、お隣の湯河原町と合併する話が持ち上がったが、合併後の名将から真鶴の名が消えてしまうことなどを理由に町民の多くが反対して実現しなかった。
 もとより、神奈川県は平成の大合併で合併した自治体が少ない県(津久井郡の相模原市編入のみ)。真鶴町という名前を残したいという町民の気持ちと愛着も、この坂道と向こうに見える海の風景を眺めていると理解できる。
 旅人にとっては、この町の静かな坂の風景は心をくすぐる眺めだ。それが過疎地域という現実が作る風景だと思うと、複雑な気持ちにもなるのである。「まなづる」いい響きの地名だ。
(SONY Cyber-shot W1)
2018.01.24 Wed l 真鶴・湯河原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
真鶴
 風がとても強い日だった。空は晴れている。真鶴駅に着くと、髪が乱れる前に帽子を被って歩き始めた。
 今回は岬の方ではなく、岬より北側にある岩という集落を目指す。改札を出た所にあった地図をじっくりと眺め、一応写真に収め、それを頼りに歩き出した。
 しかし、風景はだんだん山あいになっていく。海も町も随分と下にある。道を間違えたようだ。やたらとダンプカーが通るのだが、その度に歩道に風が吹きつける。
 引き返していくうちに、下に下りられる道を見つけた。道と言っても家と家の間を抜ける細い路地である。方角は気にせず、とにかく下ることだけを考えた。そして、道路に出た。町役場の前の道。この道を歩くつもりだった。正しい道に出たのだ。
(SONY Cyber-shot W1)
2018.01.23 Tue l 真鶴・湯河原 l コメント (0) トラックバック (0) l top