FC2ブログ
大平台
 国道138号線の所に出た。ここにはバス停がある。道はカーブを続けながら急な山の勾配を登って強羅に向かっている。
 交通量は多い。この先にいくつもの観光地がある。私は今回、大平台から引き返す予定だ。
 国道を歩き駅に向かう。駅の近くに山神神社(さんじんじんじゃ)が建っている。大平台の守り神だ。十六世紀に建てられたという。江戸時代は近くの林泉寺が管理していたようだ。
 林泉寺は国道を挟んで斜め向かいにあった。参拝して境内を歩いていると雨が降ってきた。
 大平台に着いた頃は快晴だったが、三時間ほど経過した今、雨模様となった。山の天気は変わりやすい。だが、紫陽花は雨景色も似合う花である。ホームに咲く紫陽花の横に強羅からやってきた電車が停まった。
(SONY RX100)
スポンサーサイト



2021.07.04 Sun l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大平台
 旅館が並ぶ道を歩いている。小ぶりだが落ち着いた造りの宿が多い。
 ある旅館の前に紫陽花が咲いていた。花が迎えてくれる温泉旅館なんて素敵だ。期間限定のおもてないと言えそうだ。
(SONY RX100)
2021.07.01 Thu l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大平台
 大平台は坂に集落が形成されている。坂といっても急な坂ではないが、箱根の地形だから平坦地は少ない。
 旅館が立っているような場所はその平坦地が多く、それは駐車場を設置する理由からだろうかと推測する。
 道が狭いので大型バスが乗り着けるような旅館はない感じだが、それがまた良い。
(SONY RX100)
2021.06.30 Wed l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大平台
 姫乃湯を出て集落の道に来た。踏切の警告音が聞こえる。踏切の向こうは坂で、山と集落の境のようなところである。
 大平台は旅館や店だけでなく家もある程度立っている。暮らしの空気が感じられる。箱根登山鉄道は観光路線以外の顔も存在している。
(SONY RX100)
2021.06.28 Mon l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大平台
 公園の近くに「姫乃湯」という温泉共同浴場があったので行ってみることにした。入浴料は550円。入口で手を消毒して入場。
 中は古き良き民宿のような雰囲気があり、木造建築物が好きな人は楽しめそうである。貴重品は100円のコインロッカーに入れる仕組みで、脱衣所のロッカーは扉のないタイプ。
 受付で「湯がとても熱いのだけど大丈夫ですか?」と訊かれたが、入ってみるとなるほど丸い小さな浴槽に手を入れるととても熱い。しばらくかけ湯をして慣らしてから、少しずつ足を下ろしていく。慣れると胸のあたりまでは浸かれた。
 窓に囲まれた浴室は明るい。外はブロック塀などで遮断されている。このあたりは集落のはずれなので、とても静かな場所だ。のんびりと過ごした。
 脱衣所を出て、自販機でジュースを買って休憩スペースでくつろいだ。テーブルに置いてあるうちわが何故か松本山雅FCのものだったが、信州から訪れた人が宣伝のために置いていったのだろうか。
 箱根にはたくさんの温泉があるが、手頃な料金でレトロで静かな温泉に行きたい人に「姫乃湯」おすすめである。
(SONY RX100)
2021.06.27 Sun l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top