日向
 日向渓谷から日向薬師バス停に引き返す。道の途中に畑が広がっていた。神奈川県にもこういうのどかな山村景色がある。都会もあれば、山も、海もある。それを求めてカメラ片手に出かけるのだなと改めて思った。
 バス停に着くと、ちょうどバスが停まっていた。車内の冷房がありがたい。のんびりと一時間半かけて歩いてきた駅から日向薬師までの道を、バスは30分とかからず駆けていく。あっという間に窓外は山の景色から郊外に、郊外から町になり、旅の気分は薄まっていく。
 伊勢原駅北口に着き、構内に入ったが、名残惜しく、待合室で佇む。窓から射し込む山の方からの陽光が柔らかいものだった。
(FUJIFILM X100)
スポンサーサイト
2017.11.05 Sun l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日向渓谷
 日向渓谷の道は涼しく、緑に囲まれた散歩となった。一時間に一本の頻度で日向薬師バス停を出ているバスのことを考えて、適度な地点で引き返すことにした。
 基本的に山奥なので人家はほtんどないが、沿道にキャンプ場や観光客向けの施設が数件ある。マス釣りを楽しめる施設の前では渓谷に出て釣りを楽しんでいる人達もいた。
 川幅はかなり狭く、水深も浅いようだ。冬は寒いだろうが、今の時期は過ごしやすそうな所である。
 さて、ある程度山の中に入ってきた頃で、歩いてきた道を引き返すことにした。だいぶ陽は落ちてきて歩きやすい気温になった。
(FUJIFILM X100)
2017.11.04 Sat l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日向
 日向薬師のバス停で一休みした。軽食の摂れる店もあり、駐車場もある。ちょっとした中継点である。養和版道の駅といった感じか。
 日陰で休みながらお茶を飲み、再び歩きを開始する。バスはここまでとなり、この先は走っていない。それが頷けるように、周囲は民家がどんどん少なくなっていき、山の中になっていく。
 バスが走っていない道なので、疲れたらバスで帰ろうという事はできない。ある程度の所まで歩いて引き返そう。そう思っていた。この奥まで行くと共同浴場のあるキャンプ場があるが、厚くて辿り着き、帰るのは難儀に思われた。
 道は森の中に入っていく。涼しくなってきた。途中、お寺が二箇所あった。山の中にあるお寺は、どこか神秘的に思える。
(FUJIFILM X100)
2017.11.02 Thu l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日向薬師
 日向薬師のまわりは林となていて、自然保護地域になっている。立派な大きさの木が多く、参拝とともにハイキング気分も満喫できるといった感じだ。
 木に囲まれているのと、山並みが迫っているために眺望が抜群という眺めではないが、自然に囲まれた景色は心をなごませる。
(FUJIFILM X100)
2017.10.31 Tue l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日向薬師
 日向薬師の境内に入った。茅葺屋根の本堂が現れた。
 山の中とあって周囲はとても静かだ。本堂に手を合わせたあと、境内を回ってみた。
 境内には樹齢八百年という大きな杉がある。その堂々たる構えに見とれる。こういう山の中にあるお寺って良いものだなと思いながら、時間の経過も暑さも忘れるひとときだ。
(FUJIFILM X100)
 日向薬師 ホームページ
2017.10.29 Sun l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top