鶴巻温泉
 駅の北側をぐるっと回るように歩いて、駅の近くまで戻ってきた。だいぶ家が増えてきたあたりに、西光寺というお寺が建っていた。浄土宗のお寺で、源頼朝であった和田義盛の、この地に住んでいた側室の娘が、亡き父義盛を弔う為に阿弥陀如来を祭ったのが始まりと言われている。
 細い参道のまわりには花が咲き、そのこじんまりとした雰囲気が、町の風景と溶け込んでいるように思えた。
 空はだいぶ夕方の色になってきた。少しずつ駅前は帰宅の人で動きが現れ始めている。私も帰りの電車に乗った。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6)
スポンサーサイト
2016.08.11 Thu l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鶴巻温泉
 鶴巻温泉駅の北口に出る。マンションが並び、その向こうに山がそびえる。駅名にあるように温泉街な雰囲気を期待して降りると肩透かしだが、マンションの間を抜けて、共同浴場の脇を過ぎると道は緩やかに上りになり、それに合わせて風景も鄙びてきた。
 老舗の温泉旅館がいくつか現れた。ゆっくり楽しんでみたくなる構えだが、今日はすでに温泉に入ってきたのと、時間的に夕方に入っていて微妙な気もして、鶴巻温泉に入るのは次回の探訪に機会を譲る。
 それでも、温泉のある山の麓の町の散歩は楽しい。山肌の下に東名高速道路が現れたので道を折れて、丘の上に出てみた。眺めのいい住宅街で、音楽教室などもある。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6)
2016.08.10 Wed l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鶴巻温泉
 東海大学前駅の駅前から20分ほど歩いて鶴巻温泉駅に着いた。南口は空き地になっていて、只今工事中である。ここには桜の木があることで知られるが、駅前工事が完了した際には桜も復活らしく、完政時のイラストには桜もちゃんと書かれてあった。
 駅の北口にはマンションが並び、駅名ほどには温泉地という雰囲気が弱い風景だけれど、山並みが近いので長めは良い。その北口に出て歩いてみることにした。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6)
2016.08.07 Sun l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鶴巻
 温泉を出たあと、駅に戻って思案する。歩けない暑さでもないので、隣駅の鶴巻温泉駅まで歩いてみることにした。駅間距離はそれほどなく、徒歩20分くらいで着きそう。
 日陰になるほうの側の歩道を歩いていると、昔の看板を見つけた。暑いなりに散歩は楽しい。
 さらに歩いていくと、延命地蔵が現れた。ちゃんと地蔵堂に鎮座していて、地元の方々が大切にされているのが伝わってくる。鶴巻温泉の町を歩くのは初めてなので、手を合わせて挨拶をした。
「鶴巻延命地蔵」についてのサイト
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6)
2016.08.06 Sat l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大根
 小田急線に乗って、更に小田原方面に向かう。鶴巻温泉で降りようかと思ったけれど、東海大学前駅で降りた。
 この駅で降りるのは実は初めてで、駅を出ると広々としたロータリーが広がり、大きな大学がある町の駅であることを実感する。町自体は山と平地の切れ目に広がる郊外住宅地という風景である。
 駅前通りを歩き、すぐに信用金庫がある交差点を右に入る。東海大学への近道という案内があり、駅に向かって大学生が続々と歩いてくる。そういう時間帯である。やがて大根川というう小川が現れて建物で遮られていた景色が開けると、右手に大山や丹沢の山々が広がった。大学への近道は川を渡ったところで分岐し、私が歩く方の道はすぐに急な上りになり、前方に目的地の温泉施設が見えてきた。
 東海大学前という駅名は大学移転に伴い付いた駅名で、以前は大根(おおね)という駅名だった。駅前の風景は「東海大学前」で、このあたりののどかな風景は「大根」という駅名が似合う。それでも、駅から徒歩5分ほどの距離である。
 「秦野天然温泉さざんか」というその施設は、近年リニューアルされた施設だそうで、綺麗な構えだ。現在の気分的には小さな鄙びた温泉に入りたいけれど、ここは露天風呂があるというので、そこでゆっくりくつろぎたいという気持ちが高まり、暖簾をくぐる。
 露天風呂からは先ほど通ってきた道と同じように山々が見えて、なかなか良い温泉。上がったあとは、休憩スペースの座敷でくつろぐ。飲食スペースもあり、のんびり出来る温泉施設だった。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL PZ 16-50mm F3.5-5.6)
2016.08.05 Fri l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top