FC2ブログ
荒井浜
 今回も過去の写真からです。
 先日、今年の道寸祭りが終わりました。行きたかったのですが、諸々の事情で行けませんでした。
 この写真は二年前のもので、このブログでもこの日の写真は発表しました。当日はとても暑く、馬が走る場所の横に座れたものの、暑さでカメラとレンズが熱くなるほどでした。
 こういう動きのある被写体を撮るには、腕はもちろん、相応の機材も必要な訳で、この日はそれを痛感いたしました。
 この日の組み合わせであるα700と100-200mm F4.5という機材は、静物撮りには向いていると思うのですが、動きの速いものを撮るのは一苦労です。置きピンを巧く使うか、あまり良いとは言えないAF-Cモードでたくさん撮って、その中から当たりを探すか。
 結果としては、どちらも成功せずと言ったところでしたが、普段やらない撮影を行なうのは勉強になりました。
 最近はやっていませんが、人を撮るというのは面白いものです。今回の機材の組み合わせで女性を撮った事が何度かありますが、このレンズのメリハリのある描写は野外ポートレートに向いていると感じた次第です。
 実はこのレンズ、かなり安く購入しました。とあるブログに、70-200mm F2.8G SSMにさほど劣らぬ描写と、比較作例が掲載されていて、走り去るディーゼルカーの窓枠などの金属感の解像が遜色なかったのを見たのが、購入のきっかけでした。
 あまり中古市場に流通していないレンズなので、見かける機会はなく。仕方なく、ネットオークションで買いましたが、確か2kしたかどうかという値段だったと思います。
 同時期に併売されていた70-210mm F4というレンズがあり、こちらがデジタル時代の今でも通用する描写で人気があり、流通もそれなりにあるので、買うならそちらがおすすめでしょうか。ただ、こちらは筒が長く重い。対して、100-200mm F4.5は短く軽い。スナップ向け望遠ズームでもあります(短く軽い設計にした結果、寄れないのが難点)。
 寄れないのを我慢できるのなら、αユーザーの方におすすめのレンズであります。
(SONY α700 LENS:MINOLTA AF 100-200mm F4.5)
スポンサーサイト



2019.05.29 Wed l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小松ヶ池
 小松ヶ池にやってきた。ここは駐車場もあり、公園として整備されている。
 すぐそばを京急の線路が通る。つまり、河津桜のシーズンは、より綺麗な景色となる場所だ。
 葉桜となった今は、また冬に戻ったような景色だが、そんな眺めも沁みるものである。しばらく滞在して、数本の電車を撮った。
(SIGMA DP2)
2019.03.25 Mon l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三浦海岸
 もう河津桜の開花ピークは過ぎてしまったけれど、三浦海岸駅にやってきた。シーズン中だと駅名板がピンク仕様になるのだが、すでに通常仕様に戻っていた。まあ、よい。私は線路に沿って南に歩き始めた。
 線路沿いには河津桜の木と菜の花が咲く。河津桜はほとんど葉桜になっていたが、私は桜の花が散って葉桜になった時の若々しい黄緑の色づきも好きだ。この色と奈の花の組み合わせはとても綺麗だ。
 写真を撮っていたら、前から歩いてきたご婦人に、コンデジの液晶は見えるかと質問を受けた。昼間の明るい場所だと液晶が見づらくて困るのでは? という話だ。
 ご婦人はどうやらスマホで、それに悩んでいるらしい。確か反射防止フィルムとか店で売っている筈だ。詳細は知らないので、機会をみてお店で店員に訊いてみることをおすすめした。
 さて、葉桜と菜の花の道を歩きながら、風景はだんだんと農村になっていった。起伏のある丘に広がる畑。三浦氏のイメージである。
(SIGMA DP2)
2019.03.24 Sun l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
黒崎
 初声マリーナのヨットハーバーの面影を残す防波堤の脇に、高台に上がる抜け道があった。正確に言うと、高台の付け根を横切って、向こう側の海岸に出るけもの道である。
 その道の手前に、黒崎の鼻について書かれた看板が立っていた。以前、来た時にはなかったものだ。地元の高校生が描いた絵が添えられている。
 その看板を読んでから抜け道に入った。道を歩き始めて一分とかからず、海岸に出た。すぐそこに伸びる岬が黒崎の鼻である。
 ここは、あまり人が来る所ではなかったが、案内看板に書かれてあったように、ドラマのロケなどで使われて有名になってきたらしい。人があまり来ない場所だからこそ、ロケ地になったのだろうが、それがきっかけとなって人が来るようになっては、本末転倒だ。
 もっとも、この日は釣りを楽しむ人が一人いただけだった。このくらいの閑散とした風景が、三浦半島の磯の風景だと思いながら、私は帰路に就いた。
(RICOH GR)
2017.07.21 Fri l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
初声
 海岸に向かって歩く。左は台地の下にある狭い集落。右は広い空き地。そんな風景が数百メートル続く。
 やがて、台地が道の脇まで迫り、集落がなくなり、海が近づくと、コンクリートで固められた海岸が空き地の向こうに現れる。ここにはヨットハーバーがあった。現役当時の写真は撮っていないが、この先の黒崎の鼻に初めて行った時に、岬の横の向こう側にヨットが見えたことを憶えている。
 再開発の予定はあるようだが、三年前の冬に来た時と風景はほとんど変わっていない。地元としては、何か出来て賑わいが生まれたほうがいいのだろうが、ずっとこのままでもいいような気がした。
 三浦半島は、廃墟も点在じているし、開発のペースは緩やかであるから、数十年と変わらない景色の場所も多い。首都圏の海沿いにこういう広い草原があるのは、それはそれで貴重だと思えるのだ。
 かつてリゾート施設があった地が、キャンプにも海水浴にも使われない孤高の海岸になっているという運命の皮肉を思い、しばらく景色に見とれた。
 夕日が似合う海岸である。
(iPhone5)
2017.07.18 Tue l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top