FC2ブログ
たまプラーザ
 あざみ野からたまプラーザに向かう途中、カメラ屋がある。中古カメラの販売もやっているので、ここに来る度に覗いている。土地柄、結構高いクラシックカメラが豊富だ。むしろ、そういうカメラの在庫が充実している。
 駅に向かって道路を右折し、やがて賑やかな駅前に出た。たまプラーザ駅北口は東急百貨店やイトーヨーカドーがある。極端に高さのある建物はないのは、景観保護のためだろうか。
 駅に隣接しているショッピングセンターでは、早くもクリスマスの装いが始まっていた。
(RICOH GR DIGITAL)
スポンサーサイト
2018.11.22 Thu l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新石川
 あざみ野からたまプラーザに向かう道は緩い坂道になっていた。沿道にはマンションが立ち並ぶ。竣工された年代は最近のものではなさそうな建物が多い。
 田園都市線沿線は開発制限を掛けて宅地開発を行なっている。自然との調和を残した住宅街という訳である。マンションよりも戸建の多いイメージがあるが、この辺りはマンションが目立つ。それでも、洗練された印象を受けるのは、歩道に並ぶ並木と合わせて、景観を考えられているからだろう。
 そんな沿道に、ホルモンの看板が掲げた居酒屋があった。こういう庶民の店が田園都市線にもあるのだと思うと、妙に嬉しくなる。
(RICOH GR DIGITAL)
2018.11.21 Wed l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あざみ野
 横浜駅から地下鉄ブルーラインに乗って、あざみ野駅にやってきた。ここは東急田園都市線の駅があり、発展著しい街である。
 今回の目的地はお隣の「たまプラーザ」なのだが、まずはあざみ野を歩いてみようという訳だ。駅の周囲は一通りの店は揃っているという感じで、高級住宅街というよりは、郊外のニュータウンといった雰囲気だ。それでも、新百合丘あたりと比べると、少し庶民的な雰囲気が感じられるのは、地下鉄駅もあるからだろうか。
 駅前を簡単に一回りしたあと、線路に沿って北の方向に歩き始めた。
(RICOH GR DIGITAL)
2018.11.20 Tue l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top
杉山神社
 中山駅に向かって歩く途中、太鼓橋が歩道の脇から見えた。道路より少し高くなっている脇道を横に曲がってみると、石の鳥居があった。
 杉山神社という神社だ。太鼓橋は境内から天神社に通じているものだった。天神社はこじんまりとしているが、綺麗に整備されている。
 住宅地の中に立つ神社は、地元と密着している感があって好ましい。城址がある町だけあって、史跡に恵まれた町なのかもしれない。
(RICOH Caplio GX100)
2018.11.18 Sun l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三保
 お寺の山門は城の虎口(城の出入口)があった所で、互い違いに作って敵の侵入を堰き止める「食い違い虎口」という造りになっていた。そこを出ると、今は住宅地だ。
 住宅地を通って城址、つまりお寺の脇に回ると、城は小高い丘に造られていたことがわかる。丘の下に児童公園があり、その公園の脇が一段高くなって谷状となっている。つまり、城は谷の横に造られていたのだった。
 谷底である公園を抜け、家と家の間の細い道を往く。少し左右に曲がっているのは川の名残りだろうか。やがて、先ほど通ってきた道路と、並行して通る横浜線の線路が現れた。先ほども見た城の名を冠したバス停がそこにあった。
(RICOH Caplio GX100)
2018.11.17 Sat l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top
旧城寺
 本堂の後ろに墓地がある。その先に少しだけ傾斜が付き、一段高くなっている。そこに主郭があったようだ。道が付いているので上がってみる。途中に弓道場があり、練習が行われていた。
 本丸あるいは主郭跡と言える場所は草が茂っていた。周囲は木が生えているので眺めは遮られている。コンパクトではあるが、城の雰囲気が感じられる地形であった。
 帰りに弓道場の横を通ると、的に刺さった矢を男性が引き抜きに向かっている。往時も此処で鍛錬が行なわれたりしたのだろうか。そんな事を思いながら通り過ぎた。
(RICOH Caplio GX100)
2018.11.15 Thu l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top