タイトル
 線路に沿って歩いているうちに、すぐに貨物線の本牧駅に着いた。
 本牧駅は側線を何本も持つ大きな貨物駅で、コンテナの積み出し場所もあった。機関車が走っている事を期待していたが、残念ながら、この時間は姿を見かけなかった。
 駅の向こうは高速道路の高架が並走しており、結構にぎやかな場所である。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2017.05.21 Sun l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本牧
 団地と団地の間を貨物線が通る。歩道橋の上から、周辺の眺めがよくわかった。
 地図で想像していたより、生活臭のするエリアで、人口もそれなりにいる感じである。本牧埠頭で働く人たちが暮らしているのだろうか?
(RICOH GR)
2017.05.20 Sat l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本牧
 貨物線の線路に沿って歩いていくと、本牧埠頭団地が見えてきた。線路を跨ぐようにして歩道橋がある。じっくり眺めていると、後ろから学校帰りの子供がやってきた。
 トラックの排気ガスと、点在する倉庫群。錆びた線路。生活の匂いはしてこない筈だったのに、ふわりと人の営みが漂う。
(RICOH GR)
2017.05.19 Fri l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本牧
 神奈川県の地図を眺めて、次の散歩コースを考えていた時、貨物線の本牧駅のあたりを歩いてみようかと思い立った。本牧には何度も足を運んでいて、最近も山手駅から歩いて訪れたばかりだが、この駅周辺を歩いたことはない。
 地図を見ると、線路の本数も多く、大きな貨物駅だが、線路に沿って道もあるし、団地もある。どんな景色なのか興味が沸いてきた。
 今回は基本モノクロームで撮る。そう決めて、横浜駅東口からバスに乗って本牧埠頭にやってきた。C突堤から本牧貨物駅に向かって伸びる貨物線。まずは、その線路に沿って歩き始めた。
(RICOH GR)
2017.05.18 Thu l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
岩堂
 宮川公園から岩堂山の方向に丘陵を上がっていく。あたり一面畑である。このあたりの風景は、とても首都圏、それも都心から50kmちょっとの距離にある景色とは思えない広さがある。岩堂山は丘陵は多いが山は少ない三浦市で一番高い山である。
 岩堂山は丘陵のてっぺんに少しだけ突き出た丘といった風情で、それが好ましく思える眺めだ。
 そんな岩堂山の中腹、というか丘陵地帯の中に産廃物の処理場がある。初めてここを訪れた時は、こののどか過ぎる風景とは不釣り合いなそれに、憤りに似た感情が沸いてきたが、あれから風景そのものは大きく変わっていないように思える。
 それでも、入口はご覧のとおり、少し物々しい備えが造られている。そんな風景を過ぎ、歩いているうちに、江奈湾を過ぎ、剱崎バス停まで戻ってきた。さすがに歩き疲れてきたので、今回はもうバスで帰ることにする。
(SIGMA DP2)
2017.05.17 Wed l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
宮川
 宮川公園に展望台があった。木製の高さ1mもあるかどうかの台だけれど、そこに上がると宮川湾がよく見えた。
 宮川湾は、公園下を通る宮川大橋からも見えるが、こちらは安全柵があるので撮影向きではない。写真撮影なら宮川公園からが良いという発見だった。
(SIGMA DP2)
2017.05.14 Sun l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top