本牧原
 本牧の商業地帯に来た。以前はマイカル本牧のあったあたりである。店内はお年寄りが多いが、子供連れのお母さんの姿もちらほら見かける。本牧の新興住宅地も世代交代が行われているという事だろうか。
 店内を少し歩き暖をとる。外は天気はいいけれど寒い。暖房が結構効いていてありがたい。バルコニーに出てみると、壁にサッカーJ3リーグに所属するYSCC横浜の巨大ポスターが掲示されていた。
 YSCC横浜は本牧で活動する総合スポーツクラブで、サッカーのみならず、いろんなスポーツを楽しめるクラブを運営し、カルチャー教室の運営も行なっている。そういう活動はJリーグが掲げる活動理念に一致するもので、その活動を評価されて、J3が創設される時にJリーグ側から「J3でやってみないか」と声を掛けられたそうである。
 ※ J3初年度は、その下に位置するJFLと、更にその下に位置する全国の地域リーグから参加チームを募ってセレクトした。現在はJFLからの昇格をもって参戦できる仕組みになっている。

 たとえばマリノスのような大規模な経営と人気を誇るクラブもある一方で、規模は小さいが地域に根差して活動しているクラブもある。同じ横浜で、規模の小さい両者が共存できるのがサッカーの良いところである。願わくば、いつの日か、本牧にYSCCの試合が出来るサッカー場が建設されたらいいなと思う。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 STANDARD PRIME)※135判換算 47mm F1.9
スポンサーサイト
2017.03.18 Sat l 横浜港周辺 l コメント (1) トラックバック (0) l top
本牧
 本牧に向かう通りに出た。この道よりひとつ海寄りの国道16号線に比べると、歩道が商店街になっていたりして庶民的な雰囲気がある。個人商店からスーパーまで、いろんな店が並んでいる。
 そんな中にライブハウスもあった。町中にこういう店もあるのが横浜らしさ溢れるところである。大人の空間という言葉が浮かんだ。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 STANDARD PRIME)※135判換算 47mm F1.9
2017.03.17 Fri l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
山手駅前
 久しぶりに根岸線の山手駅にやってきた。駅は谷あいにあり、前後がトンネルになっている。西側は傾斜があり、東に向かう道は海の方に向かう緩い下り道である。
 駅前に出て周辺を眺めていると高架の上を石油タンク車を連ねたか貨物列車が走っていった。山手の高級住宅街はトンネルの上の高台に広がっている。そのトンネルに向かって貨物列車が走っていくのは、なかなかシュールな光景。
 高架をくぐり、東に向かい歩いていくと商店街になっている。この辺りは庶民的な街で銭湯もあったりするが、やはり場所柄かカフェが多いように思えた。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 STANDARD PRIME)※135判換算 47mm F1.9
2017.03.15 Wed l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
扇町
 扇町駅は鶴見線の本線の終点である。ホームは一面一線。鶴見線は鶴見駅以外は基本的に無人駅であり、この扇町駅は周囲は工場や倉庫ばかりの工場地帯の駅である。
 扇町駅には猫が数匹いる。降りた時は見当たらなかったが、やがて現れた。何度か訪問しているうちに、猫の恰好も覚えてしまったので、ああ今日もこの猫は元気だなとか思いながら撮る。
 都会の中のローカル線の無人駅の猫。いいものである。末永く元気に暮らしてほしく思う。
(RICOH GR)
2017.03.13 Mon l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top
浅野
 海芝浦駅から鶴見行きで引き返し、鶴見線の本線と芝浦支線の分岐駅である浅野駅で降りた。ここで扇町行きに乗り換える。
 浅野駅のホームは三面四線。本線は嶋式ホームに鶴見方面と扇町方面の線路があり、芝浦支線は対抗式ホームで、海芝浦方面と鶴見方面が、それぞれ一面ずつある。海芝浦方面のホームは上から見ると台形型をしており、底辺部にあたる位置に駅舎と改札口がある。
 その台形部に猫が数匹いる。会うのを楽しみにしていたが、降りてみるとホームは工事中で、猫の姿は居なかった。台形ゆえに、底辺部にあたる駅舎の手前はスペースは広く、花壇になっていたが、そこを工事しているのだ。何を作っているのかはわからなかった。
 駅舎は海芝浦方面ホームと繋がっているので、本線ホームへは構内踏切を渡っていく。踏切の部分から線路を撮る。鶴見線は貨物列車の本数がそれなりにあるからか、貨物用の線路が何本もある。
(RICOH GR)
2017.03.12 Sun l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top
海芝浦
 休日の日中は二時間に一本くらいしか来ない海芝浦行きに乗って海芝浦にやってきた。
 最近はだいぶ有名になり、ちょっとした観光地みたいになった海芝浦駅。ホームのすぐ後ろが海である。思ったより乗客は乗っていて、20人くらい居るだろうか。
 この駅は駅の外が東芝の敷地なので、関係者以外は改札口の外には出られない。土曜日の夕方なので、駅は鉄道ファンと観光客しか居ない。
 空は青く、海も青い。15分ほどで折り返しだが、その短い間、潮風と戯れながら、「海に近い駅」を堪能する。
(RICOH GR)
2017.03.10 Fri l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top